フットボールチャンネル

日本代表 3週間前

明白な得意と不得意。U-23はサッカー日本代表と酷似。なぜウクライナ戦がアジア予選の参考にならないのか【西部の目】

シリーズ:コラム text by 西部謙司

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカーU-23日本代表は25日、国際親善試合でU-23ウクライナ代表と対戦し、2-0で勝利を収めた。完敗だったU-23マリ代表戦も含めた2試合でU-23日本代表の得手不得手は明確になったが、パリ五輪アジア最終予選へのテストという意味では参考にならないのかもしれない。(文:西部謙司)


ウクライナを苦しめた日本らしさ

U-23ウクライナ代表に勝利したサッカーU-23日本代表
【写真:Getty Images】

 3日前はU-23マリ代表に1-3と完敗。力の差をみせつけられた格好だったが、U-23ウクライナ代表戦は逆に2-0の快勝だった。この試合はU-23日本代表らしいプレーが随所に見られた。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 ハードワークによるプレッシングはU-23ウクライナ代表を苦しめていた。後半の田中聡による追加点は、佐藤恵允が失ったボールをすぐさま奪い返したのが起点になっている。前線のハードワークとプレスバック、全体をコンパクトにしての素早い寄せで主導権を握っていた。

 セットプレーから先制点を奪えたのも収穫だ。ニアサイドで関根大輝がヘディングでフリックすると、そのまま反対のポストに当たる。ファーに詰めていた佐藤が顔に当ててゴールした。

 藤田譲瑠チマと松木玖生のコンビは攻守にチームを支え、このチームの心臓部であることを示した。再三際どいシュートを放った荒木遼太郎も存在感があった。

 セットプレーのキッカーとして山田楓喜は質の高いボールを供給。佐藤はアグレッシブなプレーでこのチームに適した個性を発揮している。U-23マリ代表戦では左サイドハーフで先発、U-23ウクライナ代表戦では山田に代わって右でプレーした平河悠もスピード、テクニック、ハードワークのいずれも良く、やはりこのチームに合った選手だ。

 まさに「良い守備からの良い攻撃」のコンセプトどおりの試合ぶり。これでアジア最終予選(AFC U-23アジアカップカタール2024)への期待が高まるだろう。ただ、この試合はさほど参考にならないとも思われる。

1 2 3

KANZENからのお知らせ

scroll top