フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

なぜ転落…。 日本の「消えた天才」サッカー選手10人。将来を期待も、スターになりきれなかった男たち

シリーズ:日本の消えた天才10人 text by 編集部 photo by Getty Images

海外日本人選手 最新ニュース

 若くして評価され、「天才」と称される選手たちがいる。しかし彼らがそのままスター選手として活躍し続ける保証はない。怪我やプレッシャーに苦しみ、コンディションを落としていく者もいる。今回は大きな期待を背負いながらも才能を発揮しきることのできなかった10人の日本人選手を紹介する。※成績は『transfermarkt』を参照。


FW:平山相太


【写真:Getty Images】

生年月日:1985年6月6日
主な在籍クラブ:ヘラクレス、FC東京、ベガルタ仙台
現所属クラブ:-

今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 平山相太は“怪物”と呼ばれた規格外のフォワードだった。国見高校在学中に頭角を現し、190cmの体躯を武器にゴールを量産。高校三年時の全国高校サッカー選手権で9ゴールをあげて得点王となり、国見高校を優勝へと導く活躍で世間の注目を集めることとなった。

 平山は世代別代表でもポテンシャルを発揮した。2003年のワールドユース(現FIFA U-20ワールドカップ)ではU-20エジプト代表から決勝ゴールを奪って日本の決勝トーナメント進出に大きく貢献し、翌2004年のアテネオリンピックにも19歳で出場している。

 プロ入り前から大きな存在感を示していた平山であったが、その後は期待に見合った活躍ができていたとは言えない。2005年夏にオランダのヘラクレスでプロキャリアをスタートさせ、初年度は31試合出場8ゴール3アシストと上々のスタートを切ったが、翌シーズンに構想外となり、2006年9月にFC東京に加入した。日本で活躍すれば再び欧州挑戦となったかもしれないが、キャリアを通してリーグ戦で2桁得点を記録することはなく、2011シーズン以降は度重なる怪我も影響し欠場が増えていった。

 怪我に悩まされた平山は32歳でスパイクを脱ぐ決意をする。プロキャリアを通してその才能を発揮しきれたとは言い難いが、Jリーグでも印象的なゴールを奪って観客を魅了していた選手であった。現在は仙台大学サッカー部の監督を務めている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top