フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

なぜ転落…。 日本の「消えた天才」サッカー選手10人。将来を期待も、スターになりきれなかった男たち

シリーズ:日本の消えた天才10人 text by 編集部 photo by Getty Images

FW:小松原学


【写真:Getty Images】


生年月日:1981年4月2日
主な在籍クラブ:湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府
現所属クラブ:-

 小松原学はその才能によって日本代表としてもプレーすることを期待されていた選手である。少年時代から抜きん出た才能を発揮してベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)の育成組織に加入すると、1998年に17歳でJリーグデビューを果たす。これは当時の最年少出場記録であった。

 そのシーズンのベルマーレでの公式戦出場数は5試合であったものの、大きなインパクトを世間に与えることとなった。小松原は17歳ながら飛び級でU-19日本代表にも選出され、同じくベルマーに所属していた中田英寿と同じように欧州へ飛び立っていくことも考えられていた存在だった。

 しかしその後はジョーンズ骨折(疲労骨折の一種)に苦しみながらプレーを続けたことによってパフォーマンスを低下させていき、公式戦の出場が5試合にとどまった2001シーズンを最後にベルマーレを退団している。翌2002シーズンにヴァンフォーレ甲府に加入するも怪我の影響により公式戦8試合にしか出場できず、以降Jリーグのピッチに立つことはなかった。

 その後、小松原はJFLでプレーするも、2005年に現役を引退している。小松原が飛び級で名を連ねた世代別代表は、小野伸二や遠藤保仁、稲本潤一らの“黄金世代”であっただけに、惜しまれる選手であった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top