フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

なぜ転落…。 日本の「消えた天才」サッカー選手10人。将来を期待も、スターになりきれなかった男たち

シリーズ:日本の消えた天才10人 text by 編集部 photo by Getty Images

FW:矢野隼人

矢野隼人
【写真:Getty Images】


生年月日:1980年10月29日
主な在籍クラブ:東京ヴェルディ、ヴァンフォーレ甲府
現所属クラブ:-

 高いフィジカル能力によってゴールを量産し、坊主頭の風貌もあって“和製ロナウド”と呼ばれて将来を大きく期待されていたストライカーがいた。矢野隼人である。1998年度の第77回全国高等学校サッカー選手権大会では帝京高校の攻撃を元日本代表FW田中達也とともに牽引し、同校を準優勝に導いている。

 そのパフォーマンスによって、1999年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)の日本サッカー協会強化指定選手(現特別指定選手)となり、ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)戦でJリーグデビューを果たす。デビュー戦からスタメンで出場した矢野に大きな注目が集まったが、プロ入り後は結果を残すことができなかった。

 2000年にヴェルディに正式に加入するも出場機会に恵まれず、2001年までの2シーズンで公式戦の出場は7試合となった。再起を図って2002シーズンにはヴァンフォーレ甲府へ期限付き移籍するも、ここでも公式戦1試合にしか出場できなかった。このシーズンを最後に矢野は引退を選択。2007年にFC刈谷(当時JFL)で現役復帰するも翌年に再びスパイクを脱ぐ決断をする。超高校級ストライカーはプロの世界ではほとんど輝きを見せることができなかった。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top