フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

なぜ転落…。 日本の「消えた天才」サッカー選手10人。将来を期待も、スターになりきれなかった男たち

シリーズ:日本の消えた天才10人 text by 編集部 photo by Getty Images

FW:カレン・ロバート

VVVフェンロ時代のカレン・ロバート
【写真:Getty Images】


生年月日:1985年6月7日
主な在籍クラブ:ジュビロ磐田、VVVフェンロ
現所属クラブ:-

 北アイルランド人の父と日本人の母を持つカレン・ロバートは市立船橋高校で評価を高めた選手だ。10番を背負って全国高等学校サッカー選手権大会と高円宮杯全日本ユースを制覇し、天皇杯でも横浜F・マリノスを苦しめた。

 カレンは2004年に鳴り物入りでジュビロ磐田に加入する。2005シーズンにリーグ戦31試合出場13ゴール3アシストをマーク、Jリーグ新人王を獲得した。しかし翌シーズンからJリーグの成績が下降気味となり、2006から2010シーズンの間にあげたゴールは16のみと、かつての成績を考えると寂しいものとなってしまった。

 だが2011年冬にオランダのVVVフェンロに加入すると2010/11シーズンの昇・降格プレーオフで得点をあげてクラブの窮地を救う活躍を見せた。再び輝きを取り戻すかと思われたカレンであったが、2013年にフェンロとの契約が満了を迎えると、希望するイングランドへの移籍を模索するが叶わず、結局タイのスパンブリーFCへ加入することとなった。

 その後、韓国、インドとアジアのリーグを転々とし、代理人とのトラブルにも見舞われて無所属の期間が1年以上続いた末に2018年7月にイングランド7部相当のレザーヘッドFCに加入。翌年に現役引退を表明した。世代別日本代表にも選出されて将来を期待されていたFWであっただけに、キャリア終盤の低迷は当時の活躍からは予想だにしないものとなった。しかしフェンロでの2年目からは背番号10を託されており、欧州の地で足跡を確かに残した日本人選手であると言えるだろう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top