フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

なぜ転落…。 日本の「消えた天才」サッカー選手10人。将来を期待も、スターになりきれなかった男たち

シリーズ:日本の消えた天才10人 text by 編集部 photo by Getty Images

MF:財前宣之


【写真:Getty Images】


生年月日:1976年10月19日
主な在籍クラブ:ベガルタ仙台、モンテディオ山形
現所属クラブ:-

 財前宣之は度重なる負傷によってそのポテンシャルを発揮しきることのできなかった天才プレーヤーである。日本サッカー界のレジェンドである中田英寿以上の才能とも評された財前は1993年のFIFA U-17世界選手権でベストイレブンにも選ばれる活躍を披露して注目を集めることとなる。

 財前は若くして欧州でプレーすることを志向しており、1995年にはイタリアのラツィオへ留学し、同クラブの下部組織で研鑽を積んだ。財前は日本サッカーを背負って立つ存在として期待されたが、留学後に左膝前十字靭帯断裂の大怪我に見舞われてしまう。そして1996年に当時スペイン1部のログロニェスへ移籍するも、合流後すぐに再び靭帯を断裂し、公式戦に出場することなくスペインを後にした。

 財前は傷を癒して1999年に当時J2のベガルタ仙台に加入するが、ここでもデビューから6試合目に靭帯断裂の大怪我を負ってしまった。その後、大怪我を乗り越えた財前は、仙台とモンテディオ山形で活躍するが、A代表に一度も招集されることなくキャリアを終えた。仙台ではリーグ戦154試合に、山形では105試合に出場し、東北の地で確かな実績を残した財前であったが、10代の頃の活躍を考えると、“怪我が無ければ”と悔やまれてしまう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top