フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

なぜ転落…。 日本の「消えた天才」サッカー選手10人。将来を期待も、スターになりきれなかった男たち

シリーズ:日本の消えた天才10人 text by 編集部 photo by Getty Images

MF:玉乃淳

玉乃淳
【写真:Getty Images】


生年月日:1984年6月19日
主な在籍クラブ:東京ヴェルディ、徳島ヴォルティス、横浜FC
現所属クラブ:-

 欧州クラブの育成組織で育って大成した日本人選手の代表として久保建英の名前があげられるが、彼に先んじてスペインの地で少年時代を過ごした天才がいた。玉乃淳である。ジュニア時代から東京ヴェルディでプレーしてきたエリートは、1999年のナイキプレミアカップで見せた活躍によってアトレティコ・マドリードの下部組織から声をかけられた。

 玉乃は日本を離れてアトレティコ・マドリードのユースチームでプレーすることを選択する。この時代に元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスと2トップを組んだのは有名な話だ。ここで活躍していた玉乃であったが、外国人枠の問題によりクラブのBチームに昇格できなかったこともあって、2002年にヴェルディに復帰することとなった。

 しかしその後の玉乃はフィジカル面で伸び悩んだこともあり歯車が狂いはじめ、ポテンシャルを発揮しきることができなかった。ヴェルディでトップチームデビューを果たすも、2005年までの在籍4シーズンでリーグ戦の出場が26試合にとどまってしまう。出場機会を求めて徳島ヴォルティス、横浜FCに移籍するがここでもかつての輝きを取り戻せず、怪我も影響して2009年にザスパ草津で現役を引退した。25歳で引退という短いキャリアであったが、玉乃は欧州を目指す日本人選手の先駆けの1人となった。

【関連記事】
中井卓大だけじゃない! 10代の欧州日本人サッカー選手5人
なぜ…。欧州で活躍できなかった日本人選手10人
サッカー日本代表候補を100人選んでみた。W杯予選&アジア杯でチャンスがあるのは…

【了】

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top