フットボールチャンネル

フォーカス 2か月前

なぜ転落…。 日本の「消えた天才」サッカー選手10人。将来を期待も、スターになりきれなかった男たち

シリーズ:日本の消えた天才10人 text by 編集部 photo by Getty Images

MF:比嘉厚平

比嘉厚平
【写真:Getty Images】


生年月日:1990年4月30日
主な在籍クラブ:柏レイソル、モンテディオ山形
現所属クラブ:-

 比嘉厚平もまた不運な怪我によって運命を変えられた選手の一人である。柏レイソルの育成組織で攻撃的才能を開花させ、小柄な体格ながら鋭いドリブルや優れた戦術眼を武器に各世代別日本代表に招集されていった。

 AFC U-17選手権2006では優勝を果たした日本代表メンバーに名を連ねた。2007年12月には翌シーズンからの柏のトップチーム登録を内定させ、順風満帆なキャリアを重ねることが期待されたが、その後悲劇に見舞われてしまう。2008年1月に行われたU-19カタール国際親善トーナメントを戦う日本代表メンバーに選出された比嘉は、U-19中国代表との試合で左膝前十字靱帯損傷、左膝半月板損傷、右膝半月板損傷の大怪我を負ってしまった。

 長期の治療を要した比嘉は2008年の公式戦に出場することができなかった。2009年から柏のトップチーム昇格を果たすもかつての輝きを取り戻すことができず、2シーズンにわたり公式戦の出場が1試合のみとプレー時間はごく限られたものとなってしまった。2011シーズンから柏を離れてブラウブリッツ秋田(当時JFL)、モンテディオ山形でプレーするが、依然として怪我に苦しめられて2016年に26歳の若さで引退を発表した。

 同じく柏で育った元日本代表DF酒井宏樹からもその才能を評価されていただけに、悔やまれるキャリアの幕引きであった。比嘉は現在モンテディオ山形のアカデミーでコーチを務めている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top