フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

え? 高すぎ!? サッカー日本代表デビュー時の市場価値ランキング1〜10位。最も高額だったのは?

シリーズ:日本代表市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

 並外れたタレントのみがたどり着けるサッカー日本代表。彼らはデビューした時にどのように評価されていたのか。今回はデータサイト『transfermarkt』が算出したデータをもとに、歴代日本代表選手デビュー時の市場価値ランキングを紹介する。※金額が並んだ場合の順位はサイトに準拠。


10位:南野拓実


【写真:Getty Images】

生年月日:1995年1月16日
デビュー:2015年10月13日
デビュー時の市場価値:200万ユーロ(約2億8000万円)
デビュー時の所属クラブ:ザルツブルク(オーストリア)

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 日本代表デビュー時の市場価値ランキングで10位にランクインしたのは、現在モナコで絶対的な存在として君臨する現役日本代表MF南野拓実だ。南野が日本代表デビューを飾ったのは、ザルツブルク在籍時の2015年10月に行われたイラン代表との親善試合であった。

 ザルツブルク加入2シーズン目の2015/16シーズン、南野は第11節までに6ゴール3アシストを記録、開幕前125万ユーロ(約1億7500万円)だった市場価値を200万ユーロ(約2億8000万円)まで伸ばして、勢いそのまま代表デビューとなった。

 しかしその後は代表定着とはならず3年近く招集されることはなかったが、森保一体制がスタートして台頭する。2018年9月のコスタリカ代表戦から3試合連続ゴールをあげ、香川真司や本田圭佑、岡崎慎司に変わるタレントとして注目を集めた。

 常連メンバーとなった南野は現所属のモナコでの不調もあり、FIFAワールドカップ2022後に日本代表から離れることもあったが現在は復調して返り咲き、市場価値も自己最高額となる1500万ユーロ(約21億円)を記録している。復活からさらなる成長を遂げた南野は第2次森保ジャパンでも絶対的な存在となることができるか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top