フットボールチャンネル

フォーカス 4週間前

批判してすみません…。「手のひら返し」で賞賛された有名選手6人。あのサッカー日本代表も

text by 編集部 photo by Getty Images

サッカー日本代表 最新ニュース

色々なクラブでプレーするサッカー選手にとって、新天地に上手く馴染めず、サポーターから大きな批判を受けることは往々にしてある。その理由は移籍金、年齢、プレースタイルなど様々だ。今回は圧倒的なパフォーマンスでサポーターから「手のひら返し」を受けた選手、すなわち賞賛される選手へと変貌を遂げた実力者たちを紹介する。※スタッツや移籍情報等は27日時点の『transfermarkt』を参照


MF:遠藤航(日本代表)

リバプールでプレーする日本代表MF遠藤航
【写真:Getty Images】

生年月日:1993年2月9日
所属クラブ:リバプール(イングランド)
在籍期間:2023年8月13日~現在

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 30歳でリバプール移籍を果たした遠藤航に対して、現地サポーターたちのファーストインプレッションはあまり良いものとは言えなかった。

 MFファビーニョ、ジェームズ・ミルナー、ジョーダン・ヘンダーソンを失ったリバプールは、昨夏の移籍市場で守備的MFの獲得を目論む。が、MFモイセス・カイセド、MFロメオ・ラヴィアとリストアップした若手選手をことごとくチェルシーに奪われたことで、クラブはベテランの域に差し掛かった日本代表MFを選んだ。サポーターは30代でプレミアリーグ初挑戦となった遠藤に対して強い不安を露わにし、『Daily mail』はこの補強を「サポーターがクラブの野心の欠如として受け止めた」と伝えた。

 移籍当初の遠藤はプレミア特有のプレースピードへの適応に苦戦気味。高い運動量が求められるユルゲン・クロップ監督のサッカーにおいて、遠藤だけが1テンポ、2テンポ出遅れているシーンが目立ち、批判の声は拡大していってしまう。

 それでもリバプールのサッカーに適応して自身の役割が整理されていくと、デュエル王はイングランドでも輝き始める。素早い寄せと果敢なタックルで相手のチャンスを幾度となくシャットアウト。攻守の切り替えは抜群で、ボールを奪った後に見せる”前への意識”は誰よりも強い。次第に遠藤に対する批判は聞かなくなった。

 延長戦までもつれ込んだチェルシーとのカラバオカップ(EFLカップ)決勝では、フル出場を果たし優勝に大きく貢献。ポテンシャルではなく、研ぎ澄まされた実力で間違いなく欠かせない選手の域まで上り詰めている。

1 2 3 4 5 6

KANZENからのお知らせ

scroll top