フットボールチャンネル

Jリーグ 4週間前

「相手を仕向けるんだ」鹿島アントラーズの変化に気づいたか? 濃野公人の活躍の理由は「匂いを嗅ぎ取れる」【英国人の視点】

シリーズ:英国人の視点 text by ショーン・キャロル photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 ランコ・ポポヴィッチ監督が指揮を執る鹿島アントラーズは、ここまで明治安田J1リーグにおいて2勝1分1敗で4位につける。無冠が続く鹿島に新たな哲学を浸透させようとするセルビア人指揮官は、大卒ルーキー濃野公人が持つスペシャリティーを称賛している。(取材・文:ショーン・キャロル)


不遇の5年間を経て鹿島アントラーズが変わった!?

鹿島アントラーズDF濃野公人
【写真:Getty Images】

 茨城で何かがうごめいているような気がしてきた人はいないだろうか?

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 鹿島アントラーズは長い間、Jリーグで不動の地位を築き、あらゆる強敵をなぎ倒し、20年もの間、Jリーグを支配してきた。

 1996年から2016年にかけてアントラーズは8度のJ1優勝を果たし、トップリーグで最も成功したチームとしての地位を確立した。その過程で、天皇杯を5回、リーグカップを6回獲得したほか、国内3冠を達成した初のクラブ(2000年)、3シーズン連続でJ1王者に輝いた唯一のクラブ(2007~09年)となった。

 しかし、2018年にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)で初優勝し、アジアの頂点に立った後、ジーコやオズワルド・オリヴェイラ、そして小笠原らがけん引してきたクラブは銀色のシャーレに手が届かず、鹿島は不遇の5年間を過ごすことになる。

 3月17日のインターナショナルブレイク前最後の試合で鹿島は川崎フロンターレを2-1で下している。まるで何かが湧き出るかのような力強いパフォーマンスを鹿島からは感じることができた。

 カシマサッカースタジアムでは、試合開始のホイッスルが吹かれた瞬間から、鹿島の選手とファンの間にエネルギーがみなぎり、鹿島は自分たちの意思を前面に押し出して川崎の息の根を止めようとした。ランコ・ポポヴィッチ監督は試合前から、いつもと違うことに気づいていたようだ。

1 2 3 4

KANZENからのお知らせ

scroll top