フットボールチャンネル

日本代表 4週間前

「失点につながるのは自明」サッカーU-23日本代表に足りない要素とは? 組織として対抗するためには…【西部の目】

シリーズ:コラム text by 西部謙司

年代別サッカー日本代表 最新ニュース

 サッカーU-23日本代表は22日、国際親善試合でU-23マリ代表と対戦し、1-3で敗れた。開始2分に先制したものの、劣勢に立たされたチームは3失点を喫し、パリ五輪出場国のU-23マリ代表に逆転負けを喫した。五輪出場をかけたアジア最終予選を目前に控えたチームに、いったい何が足りないのだろうか。(文:西部謙司)


どれをとっても格上。成す術無しのU-23日本代表

U-23マリ代表に敗れたサッカーU-23日本代表
【写真:Getty Images】

 技術、体力、戦術のどれをとっても1枚上だったU-23マリ代表がU-23日本代表を3-1で下した。3分に山田楓喜が蹴ったFKのこぼれ球を平河悠が決めて先制したものの、前半に同点にされ、後半に2点を失っている。

日本代表はDAZNで観よう!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]


 J1で4試合を終えた時点で首位のFC町田ゼルビアから平河と藤尾翔太が先発出場。東京ヴェルディで見事なFKを決めていた山田も先発。半田陸、高井幸大、西尾隆矢、川﨑颯太、植中朝日とJリーグでお馴染みの若手選手たちも名を連ねた。

 平河は正確なコントロールから冷静に先制点をゲット、キレのあるドリブルと運動量、スピードで力を示し、藤尾も的確なポストワークをみせるなど、Jリーグでの好調さは表れていた。

 ただ、もう五輪出場をかけた最終予選(AFC U-23アジアカップ)は目前で、しかも今回はU-23韓国代表、U-23UAE代表、U-23中国代表というかなり厳しいグループに組み込まれている。4チームずつ4グループに分かれ、上位2チームずつが決勝トーナメントに進出し、決勝進出2チームと、3位決定戦勝利チームは自動的にパリ五輪出場権が与えられ、3位決定戦に敗れたチームは五輪出場権をかけて大陸間プレーオフでアフリカ勢と対戦する。

 チームを固めるべき時期に個のテストを行ったのが果たして吉と出るかはわからないが、組織として対抗するものを持っていない時点で個々の能力で優るU-23マリ代表に勝つのは困難だった。

1 2 3

KANZENからのお知らせ

scroll top