ポルトガルで「全てのプレーが劇的に変わった」理由。藤本寛也が「自分だけに見えているもの」とは?【インタビュー後編】

2022年02月22日(火)8時10分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , ,

海外日本人選手 最新ニュース

 欧州で10番を背負い、チームの中心として活躍している日本人選手はごくわずかだ。そのうちの1人、ポルトガル1部のジル・ヴィセンテに所属するMF藤本寛也は、欧州挑戦2年目で大きく飛躍を遂げている。J1でのプレー経験を持たない22歳は、いかにして欧州トップリーグで中心選手となったのだろうか。現地で約1時間にわたってじっくりと話を聞いた。(取材・文:舩木渉)



ポルトガルでの1年半を振り返る藤本寛也

藤本寛也
【写真:Getty Images】

――苦しかった1年を経て、立場は大きく変わりました。改めてこれまでの1年半を振り返って、ポルトガル1部リーグのクラブで不動の存在になれた要因をどう分析しますか?

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「ポルトガルでの1年目は、ウィングをやっていたのがとにかく難しかった。このリーグだと対面する相手が強くて速い選手ばかりですし、昨季はギリギリでやっている感覚で、あまり余裕もなく、チームの中心ではないとも感じていました。

今季は全てのプレーが劇的に変わりました。インサイドハーフになるだけで、めちゃくちゃやりやすいんです。動き出しだったり、周りの見方だったり、ボールの引き出し方、パスの出し方も、しっくりくる。やっぱりインサイドハーフが自分の一番得意としているポジションだと思います。

自分だけに見えているものもありますし、自分だけにしか持っていないものもある。それをプレーとして発揮できるようになっているのは自信にもなります。もっと質を追求して、たくさんチャンスを作らなければいけないと思っているので、やりがいも感じています」

1 2 3 4 5

新着記事

↑top