舩木渉

1994年生まれ、神奈川県出身。早稲田大学スポーツ科学部卒業。大学1年次から取材・執筆活動を開始し、GOAL Japan編集部を経て現在はフットボールチャンネル編集部に所属。単なるスポーツにとどまらないサッカーの力を世間に伝えるべく、国内を中心に海外まで幅広くカバーする。Twitter:@watarufunaki

町野修斗

湘南ベルマーレFW町野修斗、プロ4年目でたどり着いた日産スタジアムへの思い。古巣マリノス戦で示した特大の成長【コラム】

明治安田生命J1リーグ第7節が3日に行われ、横浜F・マリノス対湘南ベルマーレは1-1の引き分けで終わった。この試合に特別な思いを持って臨んでいたのは、湘南のFW町野修斗だ。3年前、高卒でプロ入りして1年目に在籍していたのがマリノスだった。当時は全く出番を得られずJ3へ移籍することとなったストライカーは、3年経ってJ1まで這い上がり、自力で古巣と対戦する機会をつかみ取った。(取材・文:舩木渉)

日本代表

「海外組」と「国内組」の溝は埋まったのか? 日本代表のチーム作りは次の段階へ…14点差試合になっても成果大【コラム】

日本代表は30日に行われたカタールワールドカップのアジア2次予選でモンゴル代表に14-0で勝利し、3月の活動を終えた。新型コロナウイルス対策の影響で全てがいつも通りではなかったが、1年4ヶ月ぶりに日本国内で行われた日本代表合宿にはどんな成果があったのだろうか。(取材・文:舩木渉)

浦和レッズ

スペイン人S級指導者が見た浦和レッズ。今季まだ1勝でも「悲観する必要はない」と確信する理由とは?【分析コラム】

明治安田生命J1リーグ第4節が14日に行われ、浦和レッズは0-3で横浜F・マリノスに大敗した。そして同17日のJ1第5節では北海道コンサドーレ札幌とスコアレスドローに終わり、開幕からなかなか結果がついてこない。果たしてリカルド・ロドリゲス新体制に未来はあるのだろうか。今回はダビド・ビジャ氏が日本に設立した「DV7サッカーアカデミー」でヘッドコーチを務め、欧州最高峰の指導者ライセンス「UEFA PRO(日本のS級に相当)」を保有するアレックス・ラレア氏にレッズの現状を分析してもらった。(取材・文:舩木渉、分析:アレックス・ラレア)

小池龍太 横浜F・マリノス

スペイン人S級指導者が見た横浜F・マリノス。浦和レッズ戦快勝を必然にした戦術的要点、そして今後の課題とは?【分析コラム】

明治安田生命J1リーグ第4節が14日に行われ、横浜F・マリノスは浦和レッズに3-0で快勝した。なぜこれほどの大差がついてしまったのだろうか。今回はダビド・ビジャ氏が日本に設立した「DV7サッカーアカデミー」でヘッドコーチを務め、欧州最高峰の指導者ライセンス「UEFA PRO(日本のS級に相当)」を保有するアレックス・ラレア氏にマリノス視点で試合を分析してもらった。(取材・文:舩木渉、分析:アレックス・ラレア)

金森健志

金森健志、アビスパ福岡で5年ぶり復帰弾。J1昇格後初勝利に貢献、決勝PKに込めた覚悟と感謝【コラム】

明治安田生命J1リーグ第4節が13日に行われ、アビスパ福岡は徳島ヴォルティスに2-1で勝利した。J1復帰組同士の対決を制し、先にシーズン初勝利をつかんだのはアビスパだ。この試合で決勝点を挙げたFW金森健志は、特別な思いを胸に戦っている。(文:舩木渉)

小池龍太

マリノスDF小池龍太が貫く流儀。「見えないところでもやり続ける」究極のチームプレーヤーの価値とは【コラム】

明治安田生命J1リーグ第3節が10日に行われ、横浜F・マリノスがアビスパ福岡に3-1で勝利を収めた。今季初先発の選手を4人起用したマリノスは、待望の勝ち点3を手にして勢いづいている。印象的だったのは、決勝点を奪ったDF小池龍太の活躍ぶりだ。厳しい立場に置かれても腐らず努力を続ける25歳の本心に迫った。(取材・文:舩木渉)

前田大然

マリノスは前田大然をどう起用すべきか? 驚異のスプリント「43回」に2得点、進化したスピードキングが凄まじい【コラム】

明治安田生命J1リーグ第2節が7日に行われ、横浜F・マリノスとサンフレッチェ広島は3-3の打ち合いを演じた。この試合で2得点を決めたマリノスのFW前田大然は、開幕からの公式戦3試合で様々な形で起用され、持ち味を存分に発揮している。では、今後どのように起用していくのがチームのために最適なのだろうか。(取材・文:舩木渉)

チアゴ・サンタナ

清水エスパルスの新エース、チアゴ・サンタナのすごさとは? すでに漂う得点量産の予感【コラム】

今季から清水エスパルスでプレーしているブラジル人FWチアゴ・サンタナに、ブレイクの気配が漂っている。リーグ戦開幕から2試合に出場して1得点だが、すでに前線の核にふさわしい存在感を発揮。ストライカーとして非常に高い能力の持ち主であることは間違いなさそうだ。(取材・文:舩木渉)

橋本陸斗

東京ヴェルディの15歳、橋本陸斗とはどんな選手か? バングラデシュとのハーフ、超逸材が名門復活への旗頭となるか【コラム】

明治安田生命J2リーグが28日に開幕し、東京ヴェルディは3-0で愛媛FCに快勝した。この試合の終盤、ヴェルディは15歳の橋本陸斗を起用。Jリーグ史上3番目の若さで公式戦デビューを飾ることとなった。アカデミーが輩出した逸材は低迷する名門を復活に導く旗手となるのだろうか。(文:舩木渉)

大久保嘉人

カギは「嗅覚」。大久保嘉人はなぜ開幕スタメンに抜てきされたのか? 15年ぶりセレッソ大阪復帰で最高のスタート【コラム】

明治安田生命J1リーグ開幕戦が27日に行われ、セレッソ大阪は柏レイソルに2-0で勝利を収めた。この試合では、15年ぶりにセレッソ復帰を果たしたFW大久保嘉人が先発メンバーに抜てきされた。そして決勝点を挙げる活躍で、J1歴代最多得点記録保持者の復活と健在ぶりを印象づけた。(文:舩木渉)

Jリーグ

Jリーグ J1第1節 動画まとめ

Jリーグ・J1第1節全試合のハイライト動画は以下の通り。

畠中槙之輔

マリノスは「新システム」を見せなかった。対フロンターレ戦術の意図、ポステコグルー体制4年目の戦い方とは?

明治安田生命J1リーグの開幕戦が26日に行われ、川崎フロンターレが横浜F・マリノスに2-0で勝利した。前々年王者を率いるアンジェ・ポステコグルー監督は、前年王者に対してどう戦おうとしたのか。そして、タイトル奪還に向けて今季のマリノスはどんなことに取り組んでいるのだろうか。(取材・文:舩木渉)

アーセナル

アーセナル、1年前の悪夢を払拭。因縁ある地でベンフィカ撃破、EL制覇にこだわる理由とは【EL分析コラム】

UEFAヨーロッパリーグ(EL)のラウンド32・2ndレグが現地25日に行われ、アーセナルはベンフィカに3-2で勝利を収めた。2戦合計スコアは4-3となり、アーセナルがラウンド16への勝ち上がりを決めている。一時は2年連続ラウンド32敗退の危機に陥ったチームは、なぜ逆転までたどり着くことができたのだろうか。(文:舩木渉)

新着記事

↑top