「なりたい自分がある」天野純が抱いた危機感と理想像。横浜F・マリノスに「帰る場所があるとは思っていない」【独占インタビュー後編】

2022年01月26日(Wed)10時50分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

 なぜ韓国へ? 昨季まで横浜F・マリノスに所属していたMF天野純の移籍報道が出た時、多くのファン・サポーターが疑問を抱いただろう。2022年1月8日に蔚山現代FCへ期限付き移籍することが発表され、正式に韓国・Kリーグ1参戦が決まった。天野にとっては30歳にしてキャリア2度目の海外移籍だ。どんな想いを抱いて今回の挑戦を決断したのか、韓国渡航直前に蔚山現代への移籍についてじっくりと話を聞いた。今回は後編。(取材・文:舩木渉)

>>前編はこちら<<

「洪明甫監督でなかったら…」

洪明甫
【写真:Getty Images】



――Kリーグがどのような環境なのか、日本ではいまいち理解されていない気がしています。蔚山現代はACL優勝経験のある強豪ですし、今年もプレーオフからACLに出場できます。韓国では毎年優勝争いをしている、アジアでもトップクラスの選手が揃うクラブです。天野選手は移籍にあたって、蔚山現代のどんなところに魅力を感じましたか?

【今シーズンのJリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


「蔚山現代のレギュラーは半数以上が現役の韓国代表ですし、中盤のポジション争いも相当激しいのはわかっています。もしかしたらマリノス以上に厳しい競争を勝ち抜かなければいけないかもしれない。当然、向こうに行ってもすぐ試合に出られるわけではないので、練習や試合でアピールして、常に自分と向き合いながら成長しないといけないと思っています。

環境面に関しては、練習場にグラウンドが2面、4階建のクラブハウスもあって非常に優れていると感じました。蔚山現代のプレースタイルも一般的な韓国のクラブのイメージとは違います。

洪明甫(ホン・ミョンボ)監督にはしっかりパスをつなぎたいという考えがあり、特に中盤にはテクニカルな選手を集めたいとおっしゃっていて、お話しさせていただいた時に監督自身からの熱意も感じました。日本でもプレーされていたレジェンドなので、非常にリスペクトしていますし、洪明甫さんが監督ではなかったら蔚山現代には行っていなかったと思います」

――ACLで勝ち上がっていくと、マリノスと対戦することになるかもしれません。これまで対戦相手としてマリノスと向き合ったことはないと思います。

「ないですね。期限付き移籍ですけど、マリノスと対戦する場合も試合に出られるそうです。でも、どうなるのかな……実際にそうなってみないとどんなことを感じるかわからないですけど、マリノスのいいところも悪いところもよく理解しているので、対戦することになったら、しっかり狙っていこうと思います」

1 2 3 4

新着記事

↑top