中島翔哉は「期待ハズレ」だったのか? ドリブルが蘇った復活の1年、ポルトガルでの未来は?【21/22欧州日本人総括コラム】

2022年06月28日(Tue)8時00分配信

シリーズ:21/22欧州日本人総括コラム
text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

中島翔哉 最新ニュース

 数多くの激闘が繰り広げられた2021/22シーズンが幕を閉じた。欧州各国でプレーする日本人選手たちは、果たしてどのような活躍を見せたのだろうか。今回は、ポルトガルのポルティモネンセに所属する中島翔哉のシーズンを振り返る。(文:舩木渉)



「今季最大のがっかり選手」候補に

中島翔哉
【写真:Getty Images】

 ポルトガルの大手スポーツ紙『ア・ボラ』は2021/22シーズン終盤、ウェブ上で「今季最大のがっかり選手は誰?」というタイトルのアンケート調査を実施した。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 同国1部リーグの各クラブが迎えた主だった新戦力の中から特に期待を裏切った18人が候補としてピックアップされ、そのリストの中にポルティモネンセに所属するMF中島翔哉の名前もあった。

 結果は22.2%の票を獲得したベンフィカのMFジョアン・マリオが1位に。そして、ポルトのDFルベン・セメドが得票率19.9%で2位、ベンフィカのFWロマン・ヤレムチュクが得票率15.2%で3位と続いた。

 中島は得票率0.7%で10位タイ。ただ、9位までにベンフィカやポルト、スポルティングCP、ブラガといった人気クラブの選手が並んでいての10位と考えると、決して「よかった」と安心はできないだろう。

 寸評で中島はブラガのFWマリオ・ゴンザレスと「同様に成功できなかった」とバッサリ。2020/21シーズンにトンデラで14得点を挙げてブラガに引き抜かれたスペイン人ストライカーは、新天地で14試合出場2得点と結果を残せず、半年でスペイン2部のテネリフェへ放出されていた。

 ポルトから古巣ポルティモネンセへ期限付き移籍した中島は、リーグ戦で22試合出場1得点2アシストという成績だった。UAEのアル・アインに在籍していた昨年2月に腓骨骨折と靭帯損傷という大怪我を負って復帰まで約8ヶ月かかったとはいえ、かつて二桁得点二桁アシストを記録したシーズンがあるだけに、「期待ハズレ」と見なされても仕方ない。

 昨年10月下旬に戦列復帰を果たした中島は、主にトップ下や左ウィングとして起用された。かつてほどではないにしろドリブルのキレも取り戻し、攻撃の中心を担いながらリーグ戦でわずか1得点。名門ポルトで10番を託された経験もある選手としては、寂しい数字だった。

1 2 3 4

新着記事

↑top