セルティックで技を磨いた古橋亨梧。驚異的な成績で終えた1年目。絶対的エースの高度なテクニックと駆け引きとは?【分析コラム】

2022年05月15日(Sun)13時07分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

セルティック(古橋亨梧・旗手怜央・前田大然・井手口陽介)最新ニュース

 スコティッシュ・プレミアシップの2021/22シーズン最終節が現地14日に行われ、セルティックはマザーウェルに6-0で完勝した。長かった1年がこの試合で終了。FW古橋亨梧は圧巻のパフォーマンスで改めて価値を証明し、他にも多くの選手がゴールネットを揺らした。まさに今季のセルティックの強さが詰まった一戦だった。(文:舩木渉)



60試合を戦ったセルティック、大勝でシーズン終了

セルティック
【写真:Getty Images】

 長く過酷なシーズンの締めくくりにふさわしい大勝だった。だが、頂点に立ったことへの祝福と別れの寂しさが複雑に絡み合う空間でもあった。

【今シーズンの海外サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 スコティッシュ・プレミアシップの2021/22シーズン最終節が現地14日に行われ、セルティックはマザーウェルに6-0で完勝した。この一戦がセルティックにとっては今季60試合目の公式戦だった。

 試合前には本拠地セルティック・パークに集まったファン・サポーターが2年ぶりのリーグ優勝を果たしたチームを盛大に迎え、マザーウェルの選手たちも入場時に花道を作って王者を称えた。

 キックオフのホイッスルが鳴ると、セルティックはハイテンポなパスワークで相手を圧倒。ボール支配率は常時80%前後という一方的な展開でゲームが進んでいく。そして、前日に今季限りでのセルティック退団が発表されたオーストラリア代表MFトム・ロギッチに対し、背番号と同じ「18」分に観客から万雷の拍手が巻き起こった。

 8年半にわたってクラブに在籍したレジェンドとの別れを惜しんだ直後から、セルティックのゴールラッシュがスタートする。まずは21分、コーナーキックの流れでこぼれ球を拾ったFW古橋亨梧が振り向きざまの鋭い一撃で先制ゴールを奪って口火を切る。

 40分にはFW前田大然のお膳立てから、MFデイヴィッド・ターンブルが巧みなドリブルシュートで追加点。43分にもセルティックが3点目を挙げ、一気に点差を広げた。

 このゴールは圧巻だった。DFアンソニー・ラルストンの浮き球パスに反応した古橋が2列目から飛び出すと、後ろから来るボールを正確なボレーシュートでゴールに流し込む。1年でセルティックの絶対的エースに成長した日本代表FWの真髄が詰まった、繊細なテクニックと駆け引きの妙を堪能できる1点だった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top