Home » 海外サッカー » 南米/その他リーグ » 韓国の消えた逸材5人。天国から地獄へ…表舞台から姿を消したかつての天才たち

韓国サッカー 最新ニュース

若くして才能を披露して高く評価された選手が、そのままスター選手として活躍し続ける保証はない。怪我やプレッシャーに苦しみコンディションを落とす選手がいれば、ピッチ外での問題で活躍の場を失っていく選手も多い。今回は大きな期待を背負いながらも、大舞台から姿を消した5人の韓国人選手を紹介する。

FW:パク・チュヨン

パク・チュヨン
【写真:Getty Images】

FW:パク・チュヨン
生年月日:1985年7月10日
主な在籍クラブ:FCソウル、ASモナコ、アーセナル
現所属クラブ:蔚山現代


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 パク・チュヨンは2005年にFCソウルに加入し新人王を獲得。同年のワールドユースに出場すると、翌年のドイツワールドカップに臨む韓国代表メンバーに選出された。同大会ではグループリーグの第3戦スイス戦で先発出場を果たしている。

 その後、2008年にフランスの名門モナコへ加入したパクはリーグアン初挑戦ながら31試合5得点7アシストを記録。一気に主力へ駆け上がったが、2010/11シーズンにモナコは降格となる。パクは移籍を志願すると、リール移籍直前のメディカルチェックをキャンセルし、アーセナルへ電撃移籍することになる。

 だが、アーセナルでポジション奪取とはいかず。2011/12シーズンのリーグ戦出場はわずか1で、公式戦9試合の出場にとどまった。2012年8月にレンタルでセルタへ加入し、ラ・リーガで韓国人選手初ゴールを決めるなど、21試合3得点を記録。翌シーズンにアーセナルへ復帰するも、居場所を築くことはできず、2014年1月にワトフォードへレンタルとなった。

 2014年6月にパクは契約満了によりアーセナルを退団し、同年10月にサウジアラビアのアル・シャバブ・リヤドへプレーの場を移した。だが、加入後わずか4ヶ月で契約解除となり退団。2015年からはプロデビューを果たしたFCソウルでプレーし、2022年には活躍の場を蔚山現代に移している。

 2度目の五輪出場となったロンドン大会では銅メダル獲得に貢献。ワールドカップ出場は3回を誇る。若くして期待され、アーセナルも認めた才能だが、今のソン・フンミンのように欧州で輝けたかと言えばそうではない。期待が大きかっただけに、周囲の落胆も大きかった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top