フットボールチャンネル

Jリーグ 2週間前

J1リーグ最高額はどこだ! クラブ市場価値ランキング11〜20位。最下位は北海道コンサドーレ札幌【2024年最新版】

シリーズ:市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 2024年の明治安田J1リーグが開幕して4ヶ月。昇格初年度ながら前半戦首位ターンに成功したFC町田ゼルビア、新たな若手選手の台頭など、前半戦が終了した今シーズンもさまざまなトピックがあった中、J1リーグに所属する全20チームの総市場価値をランキング化して紹介する。※データは6月24日時点


20位:北海道コンサドーレ札幌

北海道コンサドーレ札幌
【写真:Getty Images】


監督:ミハイロ・ペトロヴィッチ
J1リーグ順位:20位
総市場価値:973万ユーロ(約15億5680万円)
最高額選手:浅野雄也(90万ユーロ/約1億4400万円)

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 前半戦を終えた時点で、最も市場価値が低いJ1クラブとなってしまったのは北海道コンサドーレ札幌。その総市場価値は973万ユーロ(約15億5680万円)で、1000万ユーロを下回る唯一のクラブとなった。

 ここまで順位を落としているのは、主力の移籍が影響している。2023年にはMF高嶺朋樹、MF金子拓郎(シーズン途中)、FW岩崎悠人(期限付き移籍満了)が、2024年にはDF田中駿汰、FW小柏剛などが移籍したことで、チームの総市場価値が落ちてしまった。

 現在のチームトップの市場価値は90万ユーロ(約1億4400万円)でMF浅野雄也とMFスパチョークが並んでおり、3位には菅大輝(80万ユーロ/約1億2800万円)がランクインしている。

 他にも、チームトップのドリブル数を誇る6位のMF近藤友喜(50万ユーロ/約8000万円)は23歳という若さで、後半戦はさらに市場価値を上げるチャンスになるかもしれない。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!