フットボールチャンネル

Jリーグ 7日前

J2リーグ最高額はどこだ! クラブ市場価値ランキング1〜10位。第1位は清水エスパルス【2024年最新版】

シリーズ:市場価値ランキング text by 編集部 photo by Getty Images

Jリーグ 最新ニュース

 2024年の明治安田J2リーグが開幕して4ヶ月。昨シーズンは下位に沈んだいわきFCやレノファ山口FCが上位に喰らいつく一方、ザスパ群馬は未だに一桁の勝ち点にとどまるなど、前半戦が終了した時点で大きく明暗が分かれている中、J2リーグに所属する全20チームの総市場価値をランキング化して紹介する。※データは7月5日時点


10位:ザスパ群馬

ザスパ群馬
【写真:Getty Images】


監督:武藤覚
J2リーグ順位:20位(7月5日現在)
総市場価値:648万ユーロ(約10億3680万円)
最高額選手:佐藤亮(45万ユーロ/約7200万円)

 J2リーグ戦は最下位のザスパ群馬だが、総市場価値は648万ユーロ(約10億3680万円)の10位にランクインした。

JリーグはDAZNが全試合独占配信!
通常より1270円お得に観るならDMM×DAZNホーダイ[PR]

 チームトップの市場価値を持つのはFW佐藤亮(45万ユーロ/約7200万円)、2位は40万ユーロ(約6400万円)のDF城和隼颯とMF天笠泰輝が並ぶ。

 咋シーズンチームトップの6得点の活躍を見せ、市場価値を約3倍にした佐藤だが、今シーズンここまではわずか1得点という結果にとどまっており、その価値を25万ユーロ(約4000万円)下げてしまった。

 今シーズンからキャプテンを務める2位タイの城和は、チームで唯一全試合フル出場を続けている。一方、昨シーズンまでキャプテンを務めていたMF細貝萌(25万ユーロ/約4000万円)は今シーズンはリーグ戦での出場がまだない。かつてはブンデスリーガのレバークーゼンに所属していた実力者で、主力の怪我もあり左サイドバックで出場機会を得た2012/2013シーズンには価値を350万ユーロ(約5億6000万円)まで上げた実績を持つ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10

KANZENからのお知らせ

scroll top
error: Content is protected !!