柏はACLベスト4へ進出出来るか? アルシャバブ攻略の鍵を握る“トップ下”田中順也

2013年09月18日(Wed)11時43分配信

text by 鈴木潤 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags:

「シュートの感覚が良い」左足が振れている田中

田中順也
チーム随一の運動量を誇る田中順也【写真:松岡健三郎】

 アルシャバブの攻撃の起点になるフェルナンド・メネガッゾ、マクネリー・トーレスを、大谷秀和、栗澤僚一、田中の3人でマークを受け渡しながら自由を奪いさえすれば、相手の攻撃頻度と精度は確実に落ちる。

 ただ、この守備の仕方だと田中順也が3ボランチに近い形で通常よりも低い位置に降りるため、攻撃に転じた時には彼への負担が掛かってしまうが、チーム随一の運動量を誇る田中だからこそ、中盤と前線の広いエリアを無尽蔵に動き回ることができる。

 田中がダブルボランチとともに中盤で献身的な守備をこなし、マイボールになった時には一気に前線に飛び出す。その際、メネガッゾやトーレスが田中にピッタリと付いて下がってくるとは到底思えないので、必ずマーキングにはずれが生じるはずだ。

 柏としては、冒頭で述べた翻弄する動きに加え、そのずれを的確に突いていきたい。現在、柏の攻撃陣は絶好調だ。左足が振れている田中は公式戦3試合連続中。

 本人も「シュートの感覚が良いので、ACLでも狙っていく」と自信を覗かせており、マークのずれが生じてコースが開けばミドルレンジから積極的に狙っていくと思われるし、今の田中の調子ならば確実に枠を捉えるだろう。

 そして、その田中の動きによってアルシャバブ守備陣が少しでも混乱をきたせば、ACLで目下4戦連発中の6ゴールを叩き出している工藤壮人が一瞬の隙を突いてギャップに飛び出すはずだ。

 第1戦を1-1と引き分けたことで、敗戦の他、0-0のドローならば敗退決定。柏は勝利か、2点以上を奪った引き分けがベスト4進出の条件となる。

 若き2人のストライカーが好調なだけに得点の臭いは十分に漂わせている。良い守備から良い攻撃の形を作り出しさえすれば、柏が準々決勝を突破するために必要とされるゴールは必ず挙げられるだろう。

【了】

関連リンク

特徴のなかった自分がプロになれた理由
レアンドロ・ドミンゲスのJリーグの作法
太陽王への道

1 2

Comments

comments

新着記事

FChan TV

↑top