まさかの年俸4000万円。クラブ代表が語るカレン・ロバートのタイ移籍と高待遇の理由

2013年10月01日(Tue)15時19分配信

text by 長沢正博 photo Masahiro Ngasawa , Junior soccer editorial staff
Tags: , ,

「我々は日本人選手を探していた」

スパンブリーFCの代表ウォラウット・シラパアーチャー氏
カレン・ロバートはパイオニアとなってくれるのか【写真:ジュニアサッカーを応援しよう!編集部】

 チームは過去、ディビジョン1の残留すら危ぶまれていた。ウォラウット氏が代表に就任以降、着実に力を付けて現在の躍進につながっている。

 ウォラウット氏に接触すると、彼は私が日本人と知るなり開口一番「カレン・ロバートのことだね」と笑みを見せた。

 そして、「彼は素晴らしい経歴を持っている。また、アジア枠で起用することができる。試合映像をいくつか見たが、前線の選手を必要としているので、攻撃的MFもできる彼の加入はチームにとって大きなプラスになるはずだ」と、期待を語ってくれた。

 日本人選手をターゲットにしていたことも認めた。

「我々は日本人選手を探していた。今年、スパンブリーFCは横浜F・マリノスとパートナーシップを結んだ。この提携はコーチや育成面などに関して我々の助けになるはずだ。チームに日本人選手がいることで、お互いによりコミュニケーションを深められると思っている」

 公式ブログを読むと、カレン本人はヨーロッパへ復帰する気持ちを強く持っているようだ。タイからヨーロッパのトップリーグへ。カレンがそのパイオニアとなってくれるのかどうか。来シーズンの開幕が待ち遠しい。

【了】

関連リンク

カレン・ロバート、大津祐樹が語る海外挑戦の意義
入るまでが大変!? 日本人関係者が語るタイの厳しいサッカー事情
給料未払いがある一方でスター選手には年俸数千万。日本人関係者が語るタイのサッカー事情
カレン・ロバート選手が語る少年時代
欧州サッカー批評 SPECIAL ISSUE08

1 2 3

新着記事

↑top