ベッカムやベルカンプの後継者と言われた男

デイビッド・ベントリー
【写真:Getty Images】

MF:デイビッド・ベントリー
生年月日:1984年8月27日
主な在籍クラブ:アーセナル、トッテナム
現所属クラブ:現役引退


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 デイビッド・ベントリーはアーセナル下部組織出身で2002年にトップチーム昇格を果たす。ファーストネームから「ベッカムの後継者」と呼ばれたり、クラブのレジェンドである「ベルカンプの後継者」などと言われ、将来が期待されていた。

 アーセナルで目立った活躍を見せることはできず。2004年にノリッジ・シティにレンタル、さらに2005/06シーズンのレンタルを経て、2006年にブッラクバーンへ移籍となった。アーセナルではわずか9試合の出場1得点に終わっている。アーセナル時代はセンターフォワードとしてプレーしていたベントリーだったが、ノリッジ移籍以降は右サイドハーフが主戦場になった。

 ブラックバーンで活躍後、2008年にトッテナムに移籍するが、そこで実力を発揮できず。レンタルでクラブを転々。2013年に古巣ブラックバーンへのレンタルで復活を誓うも、輝きを取り戻すことができず。

 ベントリーはトッテナムを退団し、2014年6月に29歳の若さで現役を引退することになった。イングランド代表にも選出され、同国の将来を背負うことが期待されていたが、代表ではわずか7キャップに終わってしまった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top