フットボールサミット第5回

フットボールサミット第5回

拝啓、浦和レッズ様
そのレッズ愛、本物ですか?
発売日:2012年1月25日
定価:1365円(本体1300円)

この本を購入する

目次

フットボールサミット開催宣言

サッカー界の重要テーマを多士済々の論客に論じていただく『フットボールサミット』第5回目の議題は「拝啓、浦和レッズ様そのレッズ愛、本物ですか?」です。

Jリーグが始まった頃は「お荷物クラブ」と揶揄されていた浦和レッズ。しかし、当初からファンの熱気はすさまじく、地域の人々から愛されるクラブでした。その後、J2降格などを経験するも徐々に上位を争う力をつけ、Jリーグ優勝、ACL優勝などJ屈指の強豪クラブにまで成長しました。人気面でも実力面でもJリーグを牽引する「日本のビッグクラブ」として期待されていたレッズですが、近年は低迷が続いています。2011シーズンはJ2降格の危機に瀕し、観客動員でも苦戦。はたして浦和レッズは明るい未来を築いていけるのでしょうか?

2012年で20周年を迎えるJリーグ。その中で絶えず強い存在感を出し続けてきた浦和レッズの存在意義というのはどこにあるのか、20年目のJリーグを語る上でいま改めて議論する必要があります。浦和レッズがここまで愛されるようになった理由、紆余曲折を経ながら紡いできた歴史、低迷の要因と未来への可能性……

クラブが苦境にあるいまこそ、浦和レッズを愛してやまない人々にクラブの過去・現在・未来をどこよりも熱く、深く語っていただきます。

『フットボールサミット』議長 森哲也

第5回議題 拝啓、浦和レッズ様 そのレッズ愛、本物ですか?

■浦山利史
ミスターレッズ・福田正博の叫び

■島崎英純
ひび割れたままのダイヤモンド

■了戒美子
細貝萌のレッズへの思い

■石井隆
元社長の備忘録

■沢田啓明
ポンテとワシントンが語る「レッズ愛」

■竹田聡一郎
岡野雅行が語る「レッズと野人の至福」

■大住良之
浦和レッズの原点

■浦研プラス 福田正博×島崎英純
ミハイロ・ペトロヴィッチは浦和を救えるか?

■杉江由次
それでも、愛さずにはいられない

新着記事

↑top