シュツットガルト戦で金崎夢生がブンデス初スタメンを飾る【原田亮太フォトギャラリー】

23日、ドイツブンデスリーガ第23節が行われた。岡崎慎司、酒井高徳の所属するシュツットガルトと、清武弘嗣、金崎夢生の所属するニュルンベルクが対戦し、1-1の引き分けに終わった。金崎は移籍後初スタメンを飾った。

2013年02月24日(Sun)9時37分配信

photo Ryota Harada
Tags:

金崎は移籍後初スタメンを飾る

 23日、ドイツブンデスリーガ第23節が行われた。岡崎慎司、酒井高徳の所属するシュツットガルトと、清武弘嗣、金崎夢生の所属するニュルンベルクが対戦し、1-1の引き分けに終わった。


清武、金崎、酒井の3人が先発した【写真:原田亮太】

 ヨーロッパリーグから中1日という厳しいスケジュールとなったホームのシュツットガルトは、酒井高徳が右サイドバックとしてスタメンに名を連ね、岡崎はベンチスタート。一方のニュルンベルクは清武、金崎が揃ってスタメンに入った。清武はトップ下、金崎は左サイドで酒井とのマッチアップとなった。

 試合は前半からアウェイのニュルンベルクがボールを持つ時間が長い展開になった。逆にシュツットガルトはアグレッシブなプレスから、ショートカウンターを狙う。


ブンデス初先発となった金崎だが、前半で交代【写真:原田亮太】

 ニュルンベルクはボールを持つ時間こそ長いものの、効果的なチャンスを作り出すことはできず、前半はお互いに決定機を生み出すことなく0-0で折り返す。金崎は清武と良いコンビネーションを見せていたものの、前半終了時にベンチへ下がった。

1 2

新着記事

↑top