バルサは奇跡の逆転劇のために“メッシ外し”ができるか?

2013年04月25日(Thu)10時31分配信

text by 北健一郎 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags:

ピケを前線に上げる大胆策も必要

 アウベスのクロスのターゲットになるのは基本的にビジャ、サンチェス、ペドロといったFW陣になるが、高さという点ではピケがほしいところ。1stレグを欠場したプジョルとマスチェラーノの両センターバックが戻ってくれば、という条件付きではあるが、ピケをどこかの時間帯からFWに押し上げてパワープレーをすることも視野に入れておくべきだろう。

 バルセロナはシュートの決定率が80%以上になるまで打たない傾向が強く、そのことがバイエルン戦でのポゼッション率63%に対するシュート数4本という数字につながっている。ただ、2ndレグでは80%以下の状況でもクロスを入れたり、ミドルシュートを打ったりといった、“バルサらしくない”プレーで揺さぶっていきたい。

 ゲームプランとしては、できれば立ち上がり10分以内に先制し、前半のうちにもう1点を追加する。2点差まで追い上げてくればバイエルンも慌てるだろう。そして、どこかのタイミングでメッシというカードを切る――。

 今のバイエルンの充実ぶりや、0-4というスコアを考えれば、バルセロナの敗退は決まったようなもの。しかし、バルセロナがこのままで終わるとも思えない。

 5月1日、バルセロナはカンプ・ノウで奇跡を起こせるか。

【了】

関連リンク

フットボールサミット第12回 FCバルセロナはまだ進化するか?
世界のサッカー応援スタイル
世界最高のプレーヤー メッシのジュニア時代(ジュニアサッカーを応援しよう!より)

1 2 3

新着記事

↑top