北健一郎

1982年生まれ。北海道旭川市出身。日本ジャーナリスト専門学校卒業後、放送作家事務所を経て、フリーライターとしての活動を始める。2005年からサッカー専門誌・ストライカーDX(学習研究社)の編集者として働くかたわら、フットサル専門誌・フットサルナビ(白夜書房)を中心に原稿を執筆。2009年3月、ストライカーDX編集部を離れて独立。現在はサッカー、フットサルを中心に活動中。主な著書に『なぜボランチはムダなパスを出すのか?』(白夜書房)、『サッカー戦術とは何か?が誰でも簡単に分かるようになる本』(毎日コミュニケーションズ)、など

20131116_zak

強豪オランダ・ベルギーと戦う意味――。ザックが求め続けた“理想のバランス”とは何か?

ザックジャパンにとって今年最後の試合となるオランダ戦とベルギー戦。ワールドカップに向けて重要な試合であることに間違いはないが、チームとして何が求められるのか。ザッケローニ監督が常に口にしてきた「理想のバランス」がカギとなる。

20131013_oka

徹底出来ていないスタイル。ザック、代表選手たちが語る「自分たちのサッカー」とは何か?

日本代表はアウェイの地でセルビアに惨敗した。なぜ自分たちのサッカーが出来ないのか。そもそもザックジャパンでの自分たちのサッカーとは何か?

[座談会]他クラブ記者が斬る!! FC東京攻略法 青赤のウィークポイントを徹底スカウティング【後編】

[座談会]他クラブ記者が斬る!! FC東京攻略法 青赤のウィークポイントを徹底スカウティング【後編】

昨季はACLでベスト16になったもののリーグ戦は10位。なかなか中位を脱却できないFC東京には戦術的な弱点があるのではないだろうか。鹿島の番記者・田中滋氏、浦和を精力的に取材する清水英斗氏という他クラブの担当記者が、外からだからこそわかる問題点を指摘する。

20130803_hasegawa_mtk

[座談会]他クラブ記者が斬る!! FC東京攻略法 青赤のウィークポイントを徹底スカウティング【前編】

昨季はACLでベスト16になったもののリーグ戦は10位。なかなか中位を脱却できないFC東京には戦術的な弱点があるのではないだろうか。鹿島の番記者・田中滋氏、浦和を精力的に取材する清水英斗氏という他クラブの担当記者が、外からだからこそわかる問題点を指摘する。

20130729

柿谷の1トップ起用が日本代表にもたらす大いなる可能性

東アジア杯で合計3得点をあげ、日本の優勝に貢献した柿谷曜一朗。特に韓国戦は彼のポテンシャルが発揮された試合だった。日韓戦で見えた柿谷の確かな技術とは?

20130728_zakk

東アジア杯で優勝を懸けた日韓戦。勝利するために求められるザックの采配力

いよいよ最終戦を迎える東アジア杯。日本は韓国とどう戦うべきか? 新戦力のテストに注目が集まる大会だったが、ザッケローニ監督の采配も問われることになるだろう。

オーストラリア戦で見えた、ザッケローニ監督が重視するセンターバック選出のポイントとは?

オーストラリア戦で見えた、ザッケローニ監督が重視するセンターバック選出のポイントとは?

25日に行われた東アジアカップ・オーストラリア代表戦で、センターバックを組んだ千葉と鈴木は試合開始直後にポジションチェンジを行い、ビルドアップはスムーズになった。ここに、ザッケローニ監督がセンターバックに求めるポイントが詰まっている。

豪州戦に向けてザックが徹底指導した“スローイン”。気づきにくいその重要性とは?

豪州戦に向けてザックが徹底指導した“スローイン”。気づきにくいその重要性とは?

24日のオーストラリア戦を控えたザックジャパン。試合前練習でザッケローニ監督が徹底させたのが「スローイン」だった。見逃されがちなスローインの重要性とは?

なぜ日本のDFラインは下がってしまうのか? 後手に回る守備、押し込まれる要因を検証する

なぜ日本のDFラインは下がってしまうのか? 後手に回る守備、押し込まれる要因を検証する

試合の終盤、ズルズルとDFラインが下がり押し込まれる。日本代表でよく見る光景だ。東アジア杯の中国戦でも繰り返され、2点のリードを守れなかった。ザックはDFラインを高くすることを要求しているが、なぜ下がってしまうのか?

覚醒した天才・柿谷曜一朗。“セレッソの8番”が背負うエースとしての使命

中国戦で予想される柿谷曜一朗の1トップ起用 ザッケローニ監督が柿谷に期待する仕事とは?

中国戦の前日練習で柿谷曜一朗が1トップに入った。これまで大きな信頼を寄せられた前田遼一とはプレースタイルが異なる柿谷。ザッケローニ監督が柿谷に求めるプレーとは? そして柿谷が1トップに入った際、日本代表に起こる変化とは?

暑さはサッカーの敵なのか? 「夏場はいいサッカーができない」を科学する

暑さはサッカーの敵なのか? 「夏場はいいサッカーができない」を科学する

一般にサッカーにおいて夏場はパフォーマンスが落ちると言われている。感覚としてそれを理解することはできるだろうが、実際にどの程度の影響があるのか? そして、夏に試合を行うことは日本のサッカーにとってデメリットでしかないのか? シーズン制の議論をするうえでも暑さが選手のパフォーマンにどれだけ影響を与えるのか科学の視点から検証することは重要である。サッカーにおけるコンディショニング理論の第一人者である立教大学の安松幹展教授に話を聞き、科学的見地から検証してみたい。

ヌルい環境が日本代表をダメにする。メディアとファンに求められる“正しく批判”する姿勢

ヌルい環境が日本代表をダメにする。メディアとファンに求められる“正しく批判”する姿勢

コンフェデで日本は何を学んだのか? 結果は惨敗に終わってしまったが、収穫は大きい。大会期間中、日本代表を中心に取材した2人のジャーナリストが対談し、W杯までの課題を検証する。今後の日本サッカーを左右する上で重要なメディアとファンの姿勢はどうあるべきか?

日本代表の選手層は本当に薄いのか? ザックに試されるW杯までのマネージメント力

日本代表の選手層は本当に薄いのか? ザックに試されるW杯までのマネージメント力

コンフェデで日本は何を学んだのか? 結果は惨敗に終わってしまったが、収穫は大きい。大会期間中、日本代表を中心に取材した2人のジャーナリストが対談し、W杯までの課題を検証する。選手層の薄さも指摘されたが、果たして解消策はあるのか?

20130702_uchida_mkt

日本代表に足りない“勝つサッカー”。チームを変えるカギは“リーダー内田篤人”か?

コンフェデで日本は何を学んだのか? 結果は惨敗に終わってしまったが、収穫は大きい。大会期間中、日本代表を中心に取材した2人のジャーナリストが対談し、W杯までの課題を検証する。果たして、“勝つためのサッカー”に必要なこととは?

日本が戦力差を埋めるカギとなる“コンディション”。コンフェデの経験をW杯につなげられるか?

日本が戦力差を埋めるカギとなる“コンディション”。コンフェデの経験をW杯につなげられるか?

コンフェデで日本は何を学んだのか? 結果は惨敗に終わってしまったが、収穫は大きい。何よりブラジルで試合をする経験を積めたことは今後の糧になるはずだ。大会期間中、日本代表を中心に取材した2人のジャーナリストが対談し、W杯までの課題を検証する。

新着記事

↑top