序盤の劣勢を跳ね返したACL全北戦。柏をベスト8に導いた“ネルシーニョ・マジック”

22日、ACLラウンド16・2ndレグ、柏レイソル対全北現代の試合が行われ、柏が3-2で勝利。2試合合計5-2としてラウンド8への切符を手にした。柏は序盤全北の猛攻に晒され先制点を献上したが、その後システムの変更で流れを取り戻した。ネルシーニョ監督が選択した手段とは?

2013年05月23日(Thu)18時01分配信

text by 鈴木潤 photo Kenzaburo Matsuoka
Tags:

序盤は全北の圧力に押し込まれた柏

序盤の劣勢を跳ね返したACL全北戦。柏をベスト8に導いた“ネルシーニョ・マジック”
クレオ【写真:松岡健三郎】

「あのまま行けば、違う結果になっていたと思う」

 試合終了後の記者会見で、ネルシーニョ監督は序盤の展開をそう振り返った。「選手たちに気迫が足りなかった」と監督が厳しい評価を下した前半の立ち上がり、柏は第1戦同様全北の攻撃に圧倒された。レアンドロ・ドミンゲスが負傷欠場のため、茨田陽生をトップ下に置いた4-2-3-1で試合に臨んだが、その策がはまらない。

 全北がハイボールを蹴り込み、そのこぼれ球を狙うトップ下にイ・スンギを封じるために大谷秀和をマークに当たらせたが、中ではなく外のエニーニョとパク・ヒドの両サイドに起点を作られ、大きく揺さぶられて何度もクロスを放たれるか、カットインされてシュートシーンを作られた。

 つなぎでのイージーなミスも多く、悪い形でボールを奪われてはショートカウンターを浴びる。何度か訪れたピンチをギリギリのところでしのいでいたが、21分にセットプレーからオウンゴールを献上し、ついには全北の先制を許してしまう。

 レフェリーのジャッジにも苦労した。全北がイ・ドングッを目掛けハイボールを送り込んでくることは予想されていたが、近藤直也、渡部博文が激しくエアバトルを繰り広げながら競り合った際、ボールに対するアプローチでも、体と体が少しでもコンタクトするとファウルの笛が鳴り響き、危険な位置でのセットプレーが全北に与えられる。

 冒頭のネルシーニョ監督の言葉通り、そのまま行けば柏の守備は決壊し、立て続けに失点を許して逆転されるのも時間の問題だろう、そう感じさせる試合展開だった。

 この試合最大のターニングポイントは、失点直後のシステム変更にある。トップ下の茨田を中盤の右サイドに出し、逆に右に入ってきた工藤壮人を本来のFWに戻してクレオとの2トップに変更した。

1 2

新着記事

↑top