豪州戦に臨むザックジャパン。テストすべき優先順位の高いポジションは?

2013年07月25日(Thu)11時29分配信

text by 河治良幸 photo Asuka Kudo / Football Channel
Tags:

期待したいセンターバック・千葉和彦

 センターバックに関しては、厳しい時間帯でも相手の攻撃を跳ね返せる存在が求められる。中国戦では3失点した中でも、森重がスタートとしては及第点のパフォーマンスを見せたが、さらにディフェンスラインを安定させる選手として、千葉の抜擢に期待したい。

 対人能力にも優れるが、本質的にはリベロタイプの選手で、状況に応じたラインコントロールやカバーリングを得意としている。

 もちろん所属クラブの広島と日本代表ではバックラインの守り方が異なるため、実戦での戸惑いは大なり小なり出るだろう。

 それでも組み合わせの相性から考えれば、栗原+森重よりも栗原+千葉、あるいは森重+千葉の方が、ザッケローニ監督の求める“チャレンジ&カバー”の補完関係は築きやすいはず。ビルドアップの能力も高い千葉が日本代表のディフェンス陣に定着してくれば、海外組の吉田にも大きな刺激になるだろう。

 もう1人のCB候補である鈴木もラインコントロールを得意としている。ロンドン五輪でベスト4に貢献した実績はあるが、柏で必ずしもスタメンを確保していない中で選ばれたのは、ザッケローニ監督の思い描く理想像に近い資質を備えるからだろう。

 冷静な対応は高校時代から見せてきたが、プロに入ってから意識するのは対人での厳しさと、前で相手を止める守備だ。そうした個のスタイルが組織にはまれば、伸びしろという意味でもポジション奪取への期待は高まる。彼の万能性を考えれば、栗原、森重、千葉のいずれとも組めるはずだが、森重とのコンビが面白いか。

 タイトルのかかった勝負である限り、このチームで結果を出していくことも大事だが、大目標は海外組を含めたベストメンバーの中にも割って入り、世界の強豪を相手にストリングポイントを出せる選手の発掘に他ならない。

 その意味で、中国戦で不出場に終わった選手もそれぞれポテンシャルを備えるが、特にセンターフォワードとセンターバックに関しては、チームの継続性にとらわれ過ぎず、大胆な選手起用を期待したい。

【了】

1 2 3

新着記事

↑top