ブンデスリーガ・デビューを果たした長澤和輝。ケルンで踏み出した確かな一歩

2014年02月14日(Fri)8時34分配信

text by 本田千尋 photo Ryota Harada
Tags: , ,

ドイツの地で踏み出した確かな一歩

 試合は結局0-1のままケルンは敗戦を喫したが、チームに変化をもたらすことの出来る存在として、長澤はピッチに立ち続けた。対パーダーボルン戦では結果には繋がらなかったが、時間の経過とともにそのプレーは次第にチームへと溶け込んでいくだろう。

 冬の移籍市場での選手獲得は、どちらかと言うと即戦力補強の意味合いが強い。2部の首位を走り、チーム状況が上手く行っているケルンの場合、その意味での補強は必要ないとも言える。

 そう考えれば、このタイミングでの長澤の獲得は、1部昇格後のチームを見据えたものでもあるのだろう。1部のチームのディフェンスがパーダーボルン以上であることは言うまでもない。

 より厳しい戦いが1部では待っている。もちろんパーダーボルンを相手に見せた長澤のプレーはまだ可能性の萌芽に留まるものではあったが、着実な一歩をピッチに刻み込んだと言って差し支えない。

 投入の時を待ちながら、真剣な眼差しで、長澤はウォームアップを続けた。

「自分がやってきたピッチとは全然違って、上の方までお客さんが入っている。そこは日本とは全然違うな」

 ドイツ国内でも有数の雰囲気を持つスタジアムが、長澤の主戦場である。そのスタジアムは、1部へと、ブンデスリーガへと繋がっている。

 冒険は、まだ始まったばかりだ。

【了】

関連リンク

僕らがサッカーボーイズだった頃 プロサッカー選手のジュニア時代
乾貴士のサッカーフリースタイル 神技リフティングバイブル【DVD】スゴ技スペシャル
フットボールサミット第9回 香川真司を超えていけ 史上最強「海外組」の現在地を問う

1 2 3

新着記事

↑top