男子も真似したくなる!? 驚くべき女子高生たちの判断力トレーニング

2014年10月19日(Sun)8時00分配信

text by 吉村憲文 photo Norifumi Yoshimura
Tags: , ,

脳の活性化にもつながるリフティングトレーニング

<MENU1 動きながらリフティング>
複数の動作を同時進行することで、ボールだけに気を取られない技術を

■ベースの動き
原点であるインステップのリフティングに、複数の動きを取り入れる。さらにボールから目線を切る

1.まずはインステップで正確にリフティング
2.前後に手をたたき、できるなら首を左右上下に振る。ルックアップの習慣もつける
3.ベースができたら二人組になり、交互にパス交換
4.パスをしたあと、ジャンプをしたり、しゃがんだり、1回転するなどの動作を入れる

■チェックポイント
・失敗は気にしない。笑いながらでOK
・手を叩く、頭を振る動作はどちらかだけでもいい
・二人でやるときはチームワークを意識しよう

<MENU2 指数えリフティング>
顔を上げたままの状態でボールをコントロールし、周囲の情報を整理する

■ベースの動き
リフティングをしながら、相手の指が指し示したリフティング回数を理解し、その回数を蹴ったら相手に返す

1.まずは正確にリフティング
2.ボールを持っていない選手は指でリフティングの回数を指定する
3.指定された回数を蹴ったらボールを返す。
4.パスしたら左右に首を振る

■チェックポイント
・指で示された回数を正確に確認する
・もう片方の手で指1本はインステップ、2本インサイド、3本アウトサイドと指定し、バリエーションを加えてもいい


プロフィール

京都精華女子中学校・高等学校サッカー部
http://seika-soccer.com/
2002年に附属中学のサッカー部が設立し、2006年にサッカー部創部。2008年からは全日本高等学校女子サッカー選手権大会京都府大会を6連覇。2012年度全国高校選手権では全国3位、2014年度インターハイでは準優勝の好成績を収める。10年FIFA女子ワールドカップU-17準優勝メンバーのGK三田一紗代を輩出している。技術と判断力の養成にこだわりをもって、中高一貫で指導する。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

1対1の場面でどんな準備が必要? GKに求められる「個」の技術とは
指示待ちの子どもから“主体性”を導く 「共有型しつけ」のすすめ

1 2

新着記事

↑top