育成

180502_miyazawa_ebi

中村俊輔のキックが楽しみな理由。一流が持つ独自の『感性』…育成指導者よ、教えすぎるな【宮澤ミシェルの独り言】

日本代表選出経験も持つ元Jリーガーで、現役引退後は解説者として活躍中の宮澤ミシェル氏の連載企画。第4回は、選手育成について。指導者、選手たちには何が求められているのか。自身の考えを提示する。(語り手:宮澤ミシェル)

『ジュニアサッカーを応援しよう!VOL.46』(カンゼン)のインタビューに応じた大迫勇也

大迫勇也、日本代表FWの軸に。万能型ストライカーが育成年代で描いた成長曲線

W杯アジア最終予選に臨む日本代表メンバーに名を連ねたFW大迫勇也(ケルン/ドイツ)。日本代表の軸に成長したストライカーは、これまでどのような成長曲線を描いてきたのだろうか。9月6日発売となる『ジュニアサッカーを応援しよう! VOL.46』(カンゼン)では、大迫本人をはじめ育成年代で彼の成長に関わってきた人々にインタビュー取材を敢行し、万能型CFの成長過程に迫った。先んじてその一端を紹介する。(取材・文:元川悦子)

U-20W杯を制したU-20イングランド代表

イングランド、育成改革が結実しU-20W杯制覇。次なる課題は“ブラックホール”問題

2017 FIFA U-20W杯を制したイングランド。ユース世代の大会とはいえ、1966年以来となる世界王者に輝いた。その要因にはイングランドサッカー協会(FA)が進めてきた育成改革がある。だがその成果が出ているいっぽうで、世界最高峰のリーグをもつ“母国”には大きな問題が残存している。(取材・文:山中忍【イングランド】)

22日の記者会見では原博実Jリーグ副理事長、エイバルの乾貴士と筆者によるトークセッションが行われ、インテンシティーも話題にのぼった

日本とスペイン、インテンシティーの相違が生まれる理由。育成年代における戦術の叩き込み

6月22日、Jリーグとスペインのラ・リーガが連携協定を結んだことが発表された。記者会見の後にはトークセッションが行われ、エイバルの乾貴士が登壇。スペインサッカーの特徴について議論がなされたが、そのなかで日本と比べてスペインはインテンシティーが高いということが話題に上った。このプレー強度の違いは何に由来するのだろうか。(取材・文:小澤一郎)

内田篤人

2017年はこの人物に注目! サッカー界を動かす30人のキーパーソン[日本編/20~11位]【編集部フォーカス】

例年通り、サッカー界にも多くの出来事が起きた2016年も終わり、新たな1年が始まった。それでは、2017年のサッカー界は誰が動かしていくのだろうか。注目すべきキーパーソンを紹介していこう。今回は【日本編/20~11位】をお届けする。

金崎夢生

2017年はこの人物に注目! サッカー界を動かす30人のキーパーソン[日本編/30~21位]【編集部フォーカス】

例年通り、サッカー界にも多くの出来事が起きた2016年も終わり、新たな1年が始まった。それでは、2017年のサッカー界は誰が動かしていくのだろうか。注目すべきキーパーソンを紹介していこう。今回は【日本編/30~21位】をお届けする。

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top