満身創痍のサウサンプトン、3位保持の立役者は新加入エリア

日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが17日に敵地で行われたプレミアリーグ第22節のニューカッスル戦で、2-1で競り勝ち、3位を保持した。

2015年01月19日(Mon)16時13分配信

text by 藤井重隆 By Shigetaka Fujii photo Getty Images
Tags: , , , , ,

満身創痍のサウサンプトン、3位保持の立役者は新加入エリア
エルイェロ・エリア【写真:Getty Images】

 日本代表DF吉田麻也が所属するサウサンプトンが17日に敵地で行われたプレミアリーグ第22節のニューカッスル戦で、2-1で競り勝ち、3位を保持した。

 サウサンプトンは主力4人が負傷する中、同試合に臨んだが、今回は今月に入ってブンデスリーガのブレーメンから期限付きで加入したオランダ代表MFエルイェロ・エリアが2ゴールを挙げるマンオブザマッチの活躍で勝利を呼び込んだ。エリアは先制点の際に、ロナルド・クーマン監督に駆け寄って抱き着くパフォーマンスを見せた。

 5年前に当時クラブが3部リーグに在籍した時からサウサンプトンでプレーし、現在では主将を務めるポルトガル代表DFジョゼ・フォンテは18日の英紙『メール』に対し、ロナルド・クーマン監督の的確な補強と戦術を称賛している。

「正直に言って、開幕前は僕も周りのみんなも心配だった。選手の大量放出はいい感じはしなかったけど、監督が就任してからは簡単になった。僕らは選手たちを失ったけど、非常に良い監督を手にしたと思った。その後、僕らは選手たちを補強したし、自信が持てるようになった」

 一方、北アイルランド代表MFスティーブン・デイビスは、「僕はエリアの事をよく知らなかったけど、彼は過去2試合で奮闘しているし、この調子でプレーしてくれれば素晴らしい。それは昨夏に加入した他の選手たちにも言えることだし、彼らの質の高さを見れば、チームの現状は良好だ」と話す。

 さらにデイビスは、負傷離脱中のフランス代表MFモルガン・シュネデルランとケニア代表MFビクター・ワニアマら守備的MFが手薄となっていることに関して、「若手がトップチームで頭角を現している事は大きなプラス要素だ。ワニアマとシュネデルランといった主力が不在だけど、(U-20イングランド代表MFハリソン・)リードが実力を発揮している」と選手層の薄いチームが上手く回っている事にも自信を深めた。

 なお、昨夏の移籍市場でサウサンプトンを去った選手たちは、全て古巣よりも下の順位でプレーしている。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

サッカー好きほど知らない戦術の常識
一流フットボーラーがリアルに語る「個」の戦術論

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

新着記事

↑top