やはりアグエロ! チェルシー戦でも燦然と輝く。生粋の点取り屋がマンCを一段上のレベルへ

2019年02月11日(Mon)12時30分配信

text by 小澤祐作 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

やはり別格だったアグエロの存在感

セルヒオ・アグエロ
チェルシー戦でハットトリックを達成したセルヒオ・アグエロ【写真:Getty Images】

 だが、本物のMVPは別にいる。何といってもセルヒオ・アグエロだ。

 13分に強烈なミドルシュートを叩き込み、その6分後には相手のミスを見逃さず、左足でゴールネットを揺らした。そして56分にはPKを沈めハットトリックを達成。リーグ戦ここ4試合で7ゴールと、その好調ぶりが結果に表れている。

 アグエロはこの日もチームトップのシュート数6本を記録しているなど、ゴール前での存在感はやはり別格だった。もちろんシュートの数だけでは表せない貢献度も非常に高かった。

 ディフェンスラインとボランチの間にポジショニングし、縦パスを呼び込んでは周りを活かす役割も完遂。イルカイ・ギュンドアンのゴールが生まれたのも、アグエロが一つの起点となっている。

 24分、アイメリック・ラポルトからの縦パスを受けたアグエロは左サイドのスターリングにパスを出す。背番号10はそのままペナルティエリア内にわずかに空いていたスペースへ侵入。するとスターリングからパスを受け、チェルシーの守備陣を3人ほど引き付けた。これは結果論になってしまうが、このアグエロの動きがあったからこそギュンドアンのゴールが生まれたのは間違いない。

 アグエロは現在、プレミアリーグ全体でトップとなる1試合平均3.7本のシュートを放っており、ここまで計74本ものシュートを放っている。そのうちの17本をゴールに結び付けており、決定率はおよそ23%となっている。

 23%という数字はそこまで良いとは言えない。しかし、大事な試合で決定的な仕事をこなすことができるアグエロは、まさに本物のストライカーだ。

 プレミアリーグ連覇を狙うシティにおいて、アグエロの存在は不可欠となってくる。今後もこの調子を維持したいところだ。

(文:小澤祐作)

【了】

1 2 3

新着記事

FChan TV

↑top