世界最高額のイングランド人は誰だ? サッカー選手市場価値ランキング1~5位。アーセナルから放出された代表エースは…

100億円を超える移籍金(契約解除金)も珍しくなくなった今日のサッカー界で市場価値の高いイングランド人は誰なのか。今回フットボールチャンネル編集部は、データサイト『transfermarkt』が算出したイングランド人の市場価値ランキングを紹介する。※成績は11月30日時点、価格が並んだ場合の順位はサイトに準拠

2020年12月07日(Mon)6時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , ,

5位:ファーガソンも称賛するFW

1203Rashford_getty
【写真:Getty Images】

FW:マーカス・ラッシュフォード(イングランド代表/マンチェスター・ユナイテッド)
生年月日:1997年10月31日(23歳)
市場価値:7200万ユーロ(約86億円)
今季リーグ戦成績:9試合出場/2得点5アシスト


【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 マーカス・ラッシュフォードは現在のマンチェスター・ユナイテッドのアイコンとなる選手だ。7歳からユナイテッド一筋でプレーし、18歳でトップチームデビュー。23歳となった現在までに公式戦230試合出場、76得点という数字を残している。

 5月にはアメリカ・ミネソタの痛ましい事件を発端とした人種差別反対の抗議デモが暴徒化した。ラッシュフォードはこの一連の流れに対してもメッセージを発するなど、この年齢にして社会における自身の立場を強く理解している。

 新型コロナウイルスの感染が拡大した今夏には、食事を得ることができない子どもたちのために政府に働きかけ、自身も資金調達して食事の支援を実現。かつてユナイテッドを指揮したサー・アレックス・ファーガソン氏も「私は彼にアドバイスをもらわなければいけない立場だね」と称賛している。

【次ページ】4位:遅刻癖のあるFW

1 2 3 4 5

新着記事

↑top