ACミラン最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング6~10位。400試合以上に出場してきた偉大な3人とは?

2021年05月03日(Mon)8時00分配信

シリーズ:21世紀得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

長い歴史を持つACミランというクラブは、これまで多くの傑出したストライカーを輩出してきた。そこで、今回は21世紀に在籍した選手を対象とした得点ランキングを紹介する。※01/02シーズン以降に在籍した選手が対象、20/21シーズンは成績に含めず、データは『transfermarkt』を参照

20210503_milan2_getty
【写真:Getty Images】

 10位には元デンマーク代表のヨン・ダール・トマソンが入った。2002年からミランに在籍した同選手は決して絶対的なレギュラーだったわけではないが、スーパーサブ的な存在として活躍。2003/04シーズンにはセリエAで二桁得点をマークし、優勝に貢献していた。

【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 9位はマッシモ・アンブロジーニ、8位にはアンドレア・ピルロがランクイン。彼らはいわゆる点取り屋タイプではないが、ミランで10年以上プレーしてきたからこそ、多くの得点を重ねることができたと言える。そして7位はアルベルト・ジラルディーノ。ミラン在籍は3年間と決して多くはなかったが、加入当初はレギュラーとして活躍しており、セリエAでは2シーズン連続で10点以上を叩き出していた。

 そんな彼らを上回ったのがクラレンス・セードルフ。2002年から10年間ミランに在籍したオランダ人MFは、同クラブで44得点を奪ってきた。ちなみに公式戦出場数「432」はミランにおける外国籍選手の最多の数字となっている。

10位:ヨン・ダール・トマソン(元デンマーク代表)
在籍期間:2002年夏~2005年夏
クラブ通算成績:114試合35得点
代表通算成績:112試合52得点

9位:マッシモ・アンブロジーニ(元イタリア代表)
在籍期間:1998年夏~2013年夏
クラブ通算成績:488試合36得点
代表通算成績:35試合0得点

8位:アンドレア・ピルロ(元イタリア代表)
在籍期間:2001年夏~2011年夏
クラブ通算成績:401試合41得点
代表通算成績:116試合13得点

7位:アルベルト・ジラルディーノ(元イタリア代表)
在籍期間:2005年夏~2008年夏
クラブ通算成績:132試合44得点
代表通算成績:57試合19得点

6位:クラレンス・セードルフ(元オランダ代表)
在籍期間:2002年夏~2012年夏
クラブ通算成績:432試合62得点
代表通算成績:87試合11得点

【了】

新着記事

↑top