リバプール最強のストライカーは誰だ? 21世紀得点ランキング6位~10位。元JリーガーやW杯3回出場の元オランダ代表FWは何位?

2021年05月05日(Wed)8時39分配信

シリーズ:21世紀得点ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , ,

長い歴史を持つリバプールというクラブは、これまで多くの傑出したストライカーを輩出してきた。そこで、今回は21世紀に在籍した選手を対象とした得点ランキングを紹介する。※01/02シーズン以降に在籍した選手が対象、20/21シーズンは成績に含めず、データは『transfermarkt』を参照

トーレス、スアレス、カイト
【写真:Getty Images】

 10位に通算160試合出場のダニエル・スターリッジが入った。元オランダ代表のディルク・カイトがその上の9位。リバプールでも活躍したカイトは2006年、2010年、2014年と3度のワールドカップ出場を誇る。

【今シーズンのリバプールはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 8位には現在のリバプールで3トップの一角としてプレーするロベルト・フィルミーノが入っている。7位にはサガン鳥栖で現役を引退した元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスがランクイン。”神の子”はリバプールで244試合に出場し81得点を記録した。

 6位に入ったのは2011年~2014年までリバプールでプレーしたルイス・スアレス。バルセロナに移籍するまで82得点を記録した。噛みつき行為で6試合の出場停止処分を受けるも、13/14シーズンのプレミアリーグで31ゴールを奪った同選手は、このシーズンの得点王に輝いている。

10位:ダニエル・スターリッジ(元イングランド代表)
在籍期間:13年夏~19年夏
クラブ通算成績:160試合68得点
代表通算成績:26試合8得点

9位:ディルク・カイト(元オランダ代表)
在籍期間:06年夏~12年夏
クラブ通算成績:285試合71得点
代表通算成績:104試合24得点

8位:ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表)
在籍期間:15年夏~
クラブ通算成績:244試合78得点
代表通算成績:45試合15得点

7位:フェルナンド・トーレス(元スペイン代表)
在籍期間:07年夏~11年夏
クラブ通算成績:142試合81得点
代表通算成績:110試合38得点

6位:ルイス・スアレス(ウルグアイ代表)
在籍期間:11年夏~14年夏
クラブ通算成績:133試合82得点
代表通算成績:116試合63得点

【了】

新着記事

↑top