日本最高の英雄! 日本サッカー界が生んだ伝説の偉人5人。ゴン中山に小笠原満男、そして…歴史に名を残す偉人たち

2021年12月26日(Sun)0時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

今では世界に通用するスポーツとなった日本サッカー。それまでに数多くの選手たちが支え、発展させてきた。今回は日本サッカー界が生んだ偉大な選手たちについて、フットボールチャンネル編集部が独自の方法で算出した能力値を紹介する。

日本サッカー史上最高のストライカーといえば…

スライド1 (50)
【写真:Getty Images】



FW:中山雅史(ジュビロ磐田)
生年月日1967年9月23日(当時30歳)
1998年リーグ戦成績:27試合36得点



【日本代表、Jリーグ観戦はDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】

 日本サッカー史上最高のストライカー。その異名が最も相応しいのがこの男、中山雅史だろう。ゴン中山の愛称で親しまれ、サッカーファンのみならず、数多くの人々にその名を知られる正真正銘のスターである。

 基本データの対象は、1998年シーズン。現在も破られていないJリーグ史上最多得点での得点王を獲得し、ベストイレブン、MVPに選出された驚異的なシーズンである。

 能力値を見ると、最高値はやはり「メンタル」。熱い魂を全開にさせて常に全力でプレーする姿、骨折してもゴールを決める精神力、何より逆境でも折れない心の強さは多くの人々の胸を熱くさせた。

 そのほかにも「攻撃力」や「空中戦」でも高い数値を記録。日本サッカー史に残るストライカーであることは能力値でも証明される結果となった。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top