ミラン、史上最強の潰し屋は誰だ? 警告&退場数ランキング1~5位。名だたるレジェンドの中でトップに立ったのは?

2022年03月09日(水)6時00分配信

シリーズ:歴代カード枚数ランキング
text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , , , , , , , , ,

1位:アレッサンドロ・コスタクルタ(元イタリア代表)

20220228_コスタクルタ_getty
【写真:Getty Images】


生年月日:1966年4月24日
在籍期間:1986年8月~2007年6月
通算成績:693試合3得点6アシスト
イエローカード:124枚
レッドカード:8枚

 アレッサンドロ・コスタクルタはフランコ・バレージやパオロ・マルディーニと同様にキャリアの全てをACミランで過ごした(1シーズンのローン移籍を除く)バンディエラだ。通算693試合出場は彼らに次ぐ歴代3位の記録である。

 1990年代から2000年代にかけてバレージやマルディーニとCBコンビを組み、7度のセリエA優勝や5度のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)制覇(UEFAチャンピオンズカップを含む)などに大きく貢献。キャリアの晩年はマルディーニ不在時にゲームキャプテンを務めるなど、最古参の1人としてチームを支えた。
 
 そんなコスタクルタは、キャリアの割にはイエローカードやレッドカードが少ないバレージやマルディーニとは異なり、通算124枚のイエローカードと8枚のレッドカードを提示されている。キャリアで最もイエローカードを貰ったのは1999/00シーズンで、出場した公式戦35試合のうち、半分以上の18試合で警告を受けている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top