イングランドの消えた逸材5人

若くして才能を披露して高く評価された選手が、そのままスター選手として活躍し続ける保証はない。怪我やプレッシャーに苦しみコンディションを落とす選手がいれば、ピッチ外での問題で活躍の場を失っていく選手も多い。今回は大きな期待を背負いながらも、大舞台から姿を消した5人のイングランド人選手を紹介する。

MF:ジャック・ウィルシャー

ジャック・ウィルシャー
【写真:Getty Images】

MF:ジャック・ウィルシャー
生年月日:19921月1日
主な在籍クラブ:アーセナル、ボーンマス、ウェストハム
現所属クラブ:オーフス


【今シーズンの欧州サッカーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。4月17日まで初回1ヶ月無料お試し実施中】


 アーセナルで大きな期待を背負ったが、怪我に泣かされた”ガラスの天才”がジャック・ウィルシャーだ。アーセナルのみならず、イングランド代表の未来だったはずが、度重なる怪我に悩まされた。

 9歳からアーセナルに所属したウィルシャーは2008/09シーズンにトップチーム昇格。2008年9月13日にクラブ史上最年少となる16歳と256日でプレミアリーグデビューを飾った。そして同年9月のカーリングカップ(リーグカップ)で公式戦初ゴールを記録した。

 2010年6月にボルトン・ワンダラーズへのレンタルからアーセナルに復帰すると、そこから華々しい活躍を見せる。UEFAチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦で勝利に貢献するなどし、その年のPFA年間最優秀若手選手を受賞。順調なキャリアを歩んでいた。

 しかし、2011/12シーズンは負傷により全試合を欠場。ここから歯車が狂ってしまう。その後も度重なる怪我で出場機会を失い、2016年8月にボーンマスへレンタル。順調に出場機会を重ねていたが、翌年5月に再び負傷。2017年にアーセナルへ復帰したが、2018年にウェストハム・ユナイテッドへ完全移籍となった。2021年1月にはボーンマスとシーズン終了までの契約を結んだが、シーズン終了後にフリーに。古巣アーセナルの練習に参加しながら新天地を探し、2022年2月にデンマークのオーフスへの加入が発表されている。

1 2 3 4 5

新着記事

↑top