プレミアリーグ、ポジション別ベストプレーヤー5選(WG編)。得点王2人が選出! トップ4以外から選出されたのは?

2022年05月27日(Fri)9時58分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,


イングランド・プレミアリーグ 最新ニュース

プレミアWG
【写真:Getty Images】




今季プレミアリーグで活躍したウイング5人は?



 2021/22シーズンのプレミアリーグはマンチェスター・シティの優勝で幕を閉じた。今季も手に汗握る戦いが繰り広げられたが、果たして非凡なパフォーマンスを披露したのは誰だったのか。今回は、今季のプレミアリーグで輝きを放ったウイングの選手を5人選出した。



【今シーズンのプレミアリーグはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴】


 プレミアリーグ連覇を成し遂げたマンCからは、ラヒーム・スターリングを選出。このプレミア屈指のドリブラーは、ジャック・グリーリッシュの加入によりチーム内での序列が下がったかに思われたが、その存在感は絶大だった。今季はリーグ戦30試合に出場し、13得点6アシストをマーク。リーグ優勝に欠かせない存在となっていた。

 惜しくもリーグ優勝を逃したリバプールからは2名を選出している。

 まずはモハメド・サラーだ。リバプールの絶対的エースである同選手は、開幕戦から9試合10得点6試合を決めるなど、圧巻のパフォーマンスを披露。最終的に23得点14アシストをマークし、得点王とアシスト王をダブル受賞した。

 もう1人はサディオ・マネだ。左ウイングを主戦場とする同選手は、シーズン後半から3トップ中央にポジションを変更。これまでと異なるタスクを完璧にこなしつつ、16得点4アシストをマークするなど、クラブ史上最強とも言えるチームを最前線で牽引していた。

 4位にトッテナムからソン・フンミンを選んだ。今季のトッテナムは監督交代やハリー・ケインの移籍騒動などがあり、リーグ開幕から苦戦を強いられた。その中で奮闘していたのがソン・フンミンだ。シーズンを通して86本のシュートを放った同選手の枠内シュート49本という数字は、プレミアリーグ3位(プレミアリーグ公式参照)。23得点を決め、モハメド・サラーと並びアジア人初となるプレミアリーグ得点王に輝いた。

 そして最後の1人は、ジャロッド・ボーウェンだ。右サイドを主戦場とする同選手は、切れ味鋭いドリブルで相手を翻弄。カットインから多くのチャンスを作り、今季は12得点12アシストをマーク。熾烈な4位争いを繰り広げるなど、デイヴィッド・モイーズ監督下で躍進を遂げたチームの中心となっていた。

▽21/22プレミアリーグ、ウイングベストプレーヤー5人

ラヒーム・スターリング(イングランド代表/マンチェスター・シティ)
生年月日:1994年12月8日
21/22リーグ戦成績:30試合13得点6アシスト

モハメド・サラー(エジプト代表/リバプール)
生年月日:1992年6月15日
21/22リーグ戦成績:35試合23得点14アシスト

サディオ・マネ(セネガル代表 /リバプール)
生年月日:1992年4月10日
21/22リーグ戦成績:34試合16得点4アシスト

ソン・フンミン(韓国代表/トッテナム)
生年月日:1992年7月8日
21/22リーグ戦成績:35試合23得点9アシスト

ジャロッド・ボーウェン(イングランド代表/ウェストハム)
生年月日:1996年12月20日
21/22リーグ戦成績:36試合12得点12アシスト

【了】

新着記事

↑top