インテルの魔法の左足といえば? ウルグアイの至宝が決めた超ロングシュート

2022年10月13日(木)23時00分配信

text by 編集部 photo Getty Images
タグ: , , , , , , ,

イタリア セリエA 最新ニュース


【写真:Getty Images】



アルバロ・レコバのスーパーゴール

 インテルの公式SNSが、元ウルグアイ代表のアルバロ・レコバが1998年に決めたゴールを紹介した。



【今シーズンのセリエAは「DAZN for docomo」で!
いつでもどこでも簡単視聴】


 レコバといえば左足。精度の高く強烈で、鋭く変化する一振りは、多くのファンを魅了した。

 変幻自在の左足を持っているということは、それだけ正確にボールを供給できるということであり、当然視野もひろがっていく。そのレコバの視野とキック精度が伝わるのが、この一撃だ。

 1998年のエンポリ戦。ハビエル・サネッティ現副会長が左サイドに展開したボールは相手にカットされてしまうが、このこぼれ球を拾ったレコバが即座に判断。すぐにキックモーションに入り、最前線へのハイボールを送るものと思われた。

 しかし、レコバが見ていたのは、そのハイボールを予想しているであろう相手GKマルコ・ロッカーティの動き。レコバは正確な左足でゴールを狙うと、GKの逆を突く形で見事なコースに超ロングシュートを沈めている。

 レコバの左足には、ロマンが詰まっていた。

1 2

新着記事

↑top