ホセ・アントニオ・レジェス

久保建英

久保建英、ビジャレアルでの起用法は? ポジションはどうなる…知将エメリの頭の中を読む

ラ・リーガ初参戦となった2019/20シーズンをマジョルカで過ごし、評価を高めた久保建英が次の移籍先に選んだのはビジャレアルだった。新シーズンのヨーロッパリーグ(EL)出場権を持つ強豪では、戦術家として知られるウナイ・エメリ監督の指導を受けることになる。果たして新天地ではどのような役割を与えられるのか? 新指揮官の過去の仕事ぶりからいくつかの可能性を考えて見た。(文:舩木渉)

20200504_espanano10_getty

スペイン代表、背番号10の系譜。呪われている!? レジェス、セスク…W杯で主役になり損ねた男たち

スペイン代表の背番号10は呪われているのだろうか。他国では英雄的な番号であっても、この国で「10」のユニフォームをまとった選手たちはワールドカップの大舞台でさしたる存在感を残せていない。初優勝を果たした2010年南アフリカワールドカップでさえも。そんな悲しい運命を背負った男たちの系譜を振り返る。※所属クラブは大会前時点、年齢は初戦時点のもの

ラキティッチ

清武加入のセビージャでプレーした11人。ラキティッチ、S・ラモスら錚々たる名手たち【編集部フォーカス】

2016-17シーズンより、日本代表MF清武弘嗣の加入が決まったセビージャ。選手を引き抜かれながらも的確な補強でEL3連覇を果たすなど、強豪クラブとしての地位を保ち続けている。今回は2000年以降にセビージャでプレーした数多くの名選手のうち11人を紹介する。

レアルが手放した10人の選手。移籍先でタイトルを獲得したビッグネーム達

レアルが手放した10人の選手。移籍先でタイトルを獲得したビッグネーム達

タイトル優勝が常に義務付けられているレアル・マドリーでは、結果を出さなければ即アウト。しかし、時には結果を出しつつも酷な扱いを受ける時もある。ここでは、マドリーに手放されながらも移籍先でタイトルを獲得した選手10人を紹介しよう。

新着記事

↑top