天皇杯

180220_cerezo_getty

C大阪、ユン体制2年目の発展。ロンドン世代がけん引、2冠王者はさらなる高みへ

セレッソ大阪は昨季、JリーグYBCルヴァンカップと天皇杯を制覇するなど、クラブ史に残る1年を過ごした。J1、AFCチャンピオンズリーグを含む4つの大会に挑戦する今季、ユン・ジョンファン監督率いるチームはどのような戦いを見せようとしているのか。クラブの番記者が展望する。(取材・文:小田尚史)

2018シーズンからセレッソ大阪に完全移籍することになった水沼宏太

2冠のC大阪、水沼宏太のピッチ内外での貢献。完全移籍で理想の仲間とさらなる飛躍へ

元日の天皇杯決勝で逆転ゴールを決めて、セレッソ大阪にYBCルヴァンカップとの二冠をもたらしたMF水沼宏太(27)が完全移籍に移行することが11日に決まった。FC東京から期限付き移籍で加入した昨シーズン。無尽蔵のスタミナと泥臭い魂を感じさせる献身的なプレーで、アカデミー育ちでスマートな選手たちが多いセレッソを内側から変えた立役者は、引き続き指揮を執る恩師ユン・ジョンファン監督のもと、巡り会えた理想のチームでプロ11年目のシーズンに臨む。(取材・文:藤江直人)

鹿島アントラーズ

天皇杯決勝、直近5試合を振り返る。G大阪が3度のファイナル進出で2度優勝【編集部フォーカス】

元日に行われる天皇杯決勝。今年度は横浜F・マリノスとセレッソ大阪が優勝をかけて激突する。日本サッカーの新年を告げるこの大舞台では、多くの名勝負が繰り広げられてきた。今回、フットボールチャンネル編集部では過去5大会の決勝を振り返る。

新着記事

人気記事ランキング

        FChan TV

        ↑top