板倉滉

柴崎岳

久保建英のボランチ起用も一案。日本代表の深刻化する柴崎依存、格下相手に見せたい起用の幅

日本代表は10日、2022年カタールワールドカップ・アジア2次予選の第2戦でモンゴル代表と対戦する。格下相手を相手に森保一監督が選んだメンバーは、1ヶ月前から2名の変更を加えたのみ。選手固定による弊害の懸念が叫ばれる中、特に深刻なのは、中盤の底で舵を取る柴崎岳への依存かも知れない。(取材・文:元川悦子)

板倉滉

板倉滉が目指す世界基準の“二刀流”。CBで主力定着の理由、欧州で磨かれた強靭な心技体

東京五輪世代の期待の星が、オランダで輝いている。フローニンゲンに所属する板倉滉は、今季開幕戦からセンターバックとしてリーグ戦全試合に先発起用されている。加入直後からの半年間、全く試合に絡めなかったところから、これほどの激変が起きたのはなぜか。そして変わりつつある選手としての理想の姿とは。現地に飛んで板倉の今を追った。(取材・文:舩木渉【オランダ】)

堂安律

堂安律が語る「ファーストチョイスの違い」とは? PSV初先発で得た気づきが“適応の1歩”に

エールディビジ第4節、PSV対フローニンゲンが現地時間25日に行われた。今夏の移籍市場でフローニンゲンからPSVへと移籍した堂安律は、この古巣戦で初先発となった。90分間のプレーで得た適応への一歩となる「気づき」とは?(取材・文:本田千尋【アイントホーフェン】)

ボローニャ美女

イタリア美女60人に聞いた!イケメン日本代表総選挙<1位〜5位>【編集部フォーカス】

日本代表DFの冨安健洋は今夏、シント=トロイデンからボローニャへと加入した。今回はそのボローニャの女性たちに協力してもらい、サッカー日本代表イケメン総選挙を開催した。ボローニャ女子を虜にした日本代表選手とは?2019年に招集された全選手を対象とする。今回は5位から1位を発表する。(取材:浜川絵理【イタリア】)

新着記事

↑top