イタリア

ユベントス

ユベントス、楽しみな若手タレント続々確保。ピルロ新監督就任、唯一疑問が残るのは…【欧州主要クラブ補強診断(9)】

欧州の2020/21シーズンが開幕し、夏の移籍市場が終了した。この夏も各チームで様々な移籍があったが、各国の主要クラブはそれぞれどんな動きを見せたのだろうか。今回は昨季のセリエAで優勝を果たしたユベントスの補強動向を読み解く。

1008Ronald

利き足は頭!? 驚異の活躍だったのは…。世界最高の活躍を見せたストライカーは? CF活躍度ランキング6〜10位(9月版)

フットボールチャンネル編集部では、欧州主要リーグで活躍した選手のランキングを各ポジションで月ごとに作成。9月の6位~10位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

1006CalvertLewin

世界最高の活躍を見せたストライカーは? CF活躍度ランキング1〜5位(9月版)。ハメス・ロドリゲスの相棒が大ブレイク中!

フットボールチャンネル編集部では、プレミアリーグで活躍した選手のランキングを月ごとに作成。今回は9月の6位~10位を発表する。一体どの選手が名を連ねているのだろうか。(データは『Whoscored.com』を参照)

冨安健洋

OG献上も…冨安健洋はよく戦った。戦犯扱いは出来ない、サッスオーロ戦で課された高難度のミッション

セリエA第4節、ボローニャ対サッスオーロが18日に行われ、3-4でアウェイチームが勝利している。日本代表DFの冨安健洋はこの日も先発フル出場を果たしたが、オウンゴールを献上したりと少し苦い内容となってしまった。それでも、全体的に見れば冨安は決して責められるべきではない。(文:小澤祐作)

アンドレア・ピルロ

ユベントスはどうした? ピルロ監督が直面する強豪の宿命、絶対王者は賭けに勝てるのか

セリエA第4節、クロトーネ対ユベントスが現地時間17日に行われ、1-1のドローに終わっている。クロトーネは開幕3連敗中だったが、ユベントスは勝ち点1を奪うに留まってしまった。アンドレア・ピルロ新監督の下、何が問題となっているのだろうか。(文:神尾光臣【イタリア】)

ミラン

ミランが強い! 4年ぶりインテル撃破、イブラヒモビッチにも負けず劣らずの輝きを放ったのは?

セリエA第4節、インテル対ミランが現地時間17日に行われ、1-2でアウェイチームが勝利している。実に4年ぶりにリーグ戦における「ミラノダービー」を制したミランは、これで無傷の開幕4連勝。今季は一味違う。では、なぜライバル相手に勝ち切ることができたのか。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top