Jリーグ

Jリーグ

J1、J2、J3今節の見どころは? アントラーズ対フロンターレは激戦必至。サガン対松本山雅は残留を占う大一番【編集部フォーカス】

明治安田生命Jリーグは今週末、J1第31節、J2第40節、J3第30節を迎える。今季のJリーグも残すところあとわずか。優勝争いや残留争いも佳境を迎えている。その中で、今節はどのような対戦カードが組まれているのか。注目試合や選手、見どころをピックアップした。

1108Koroki_getty

レッズ・興梠慎三、ネコ科をほうふつとさせる得点感覚の才。五輪を一度は断った“信念”とは?【この男、Jリーグにあり】

明治安田生命J1リーグ第32節、浦和レッズ対川崎フロンターレが5日に行われ、浦和レッズが2-0で敗れた。AFCチャンピオンズリーグ決勝に駒を進める浦和だが、リーグ戦では2試合を多く消化しながら11位に沈む。躍進と不調が同居するチーム状況で、33歳のFW興梠慎三は8年連続2桁得点をマークしている。日本人屈指の得点能力を持つ理由を、本人とチームメイトの言葉から紐解く。(取材・文:藤江直人)

1108Fujita_getty

松本山雅の“マラソンマン”藤田息吹。往年のイングランド代表を想起させる抜群の「コミットメント」【西部の目】

清水エスパルスと愛媛FCでプレーし、2018年に松本山雅に加入したMF藤田息吹は今季、ルーキーイヤー以来のJ1の舞台で活躍している。第13節・名古屋グランパス戦で先発フル出場して勝利に貢献すると、以降は1試合を除いて全試合に先発し、チームに欠かせない存在となった。スタッツに表れない藤田のチームへの貢献度には、特筆すべきものがある。(文:西部謙司)

1108Urawareds_getty

11位・レッズが降格の危機? ガンバ、ヴィッセルが一歩リード。息つく暇ない直接対決の行方は…【J1残留争いの現状】

明治安田生命J1リーグ第31節が、11月9日、10日に行われる(サンフレッチェ広島対浦和レッズは10月29日に消化済み)。リーグ戦も残すところあと4試合。佳境を迎える残留争いの現状をまとめる。

Jリーグ

首位・アントラーズの運命は、今節のフロンターレ戦が握る? 上位3クラブの勝ち点差は変わらず【J1優勝争いの現状】

明治安田生命J1リーグ第31節が、11月9日と同10日に行われる(サンフレッチェ広島対浦和レッズは10月29日に消化済み)。リーグ戦も残すところあと4試合。佳境を迎える優勝争いの現状をまとめる。(文:編集部)

新着記事

↑top