FC町田ゼルビア

名前が難しい選手

難しすぎる名前のJリーガー5人。勝手に想像!その名に込められた意味とは?(3)【編集部フォーカス】

時代が進むにつれてどんどんとバリエーションが豊かになってきた人の名前。いわゆる“キラキラネーム”と呼ばれる名前だけでなく、常識を覆すような珍しい名前や、単純に読解が困難な漢字が用いられる場合も多数存在する。今回は珍しい名前をもつJリーガーを5人集め、漢字の読み方や意味から名前に込められた意味、思いを勝手に想像した。読み方の難易度を5段階に分けたので、クイズとしてもどうぞ!(※漢字の読み方は主に新漢語林を参照。大辞泉を参照した場合はその都度記載します)

20181119_zelvia_getty

町田を駆り立てた「絶対に変えてみせる」という一念。ピッチでの奮闘が切り開くJ1への道

FC町田ゼルビアは、今季のJ2を4位で終えた。本来であればJ1参入プレーオフに出場する順位ながら、クラブライセンスを持たないために見送りとなった。しかし、状況は変わりつつある。ピッチでの指揮官と選手の奮闘によってクラブの風向きは大きく好転した。(取材・文:藤江直人)

181119_matsumoto_getty

松本、大分のJ1昇格が決定! プレーオフ争いでは大宮が粘り、福岡は涙【J1昇格争いまとめ】

明治安田生命J2リーグ最終節が17日に行われた。J1残留争いと同様、J2の上位争いも大混戦。優勝、自動昇格、プレーオフ進出をかけて熱戦が繰り広げられているリーグのラストマッチをまとめた。

町田ゼルビア

「町田はJ1に上がれないけど、CLには出られるんです(笑)」。奮闘を阻んだライセンス制度への本音【町田GMインタビュー】

町田ゼルビアは今季、J2上位をひた走り、 優勝はならなかったものの、4位でシーズンを終えた。本来ならばJ1昇格プレーオフに出場する順位ながら、J1を戦うためのライセンスを保有していない。11/6 発売の『フットボール批評issue22』ではライセンス問題を抱えるFC町田ゼルビアのゼネラルマネージャー・唐井直氏に話を聞いた。一部を抜粋して公開する。(取材・文:木村元彦)

J2

最後まで大混戦のJ2優勝・昇格・プレーオフ進出争い。最終節に向けて状況を確認

2018シーズンの明治安田生命J2リーグは、今週末の17日に最終節となる第42節の試合が行われる。大混戦となっていた自動昇格争いおよび昇格プレーオフ出場争いにも決着がつくことになる。試合結果以外の要素も絡んで非常に複雑なものとなっている上位争いの状況について確認してみよう。

181030_machida_getty

大分が自動昇格に前進。町田は足踏み、J1下位クラブは戦々恐々?【J1昇格争いの現状】

明治安田生命J2リーグ第39節が28日に行われた。優勝、自動昇格、プレーオフ進出をかけて熱戦が繰り広げられているリーグの現状をおさらいする。

FC町田ゼルビアのクラブPRリーダーに就任した平本一樹

「どんないい話でも移籍したいとは思わなかった」。異端児・平本一樹、東京Vで引退という決断【谷間の世代と呼ばれて】

1979年生まれ組が「黄金世代」と称される一方で、「谷間の世代」と呼ばれていた1981年世代。ワールドユース(現U-20W杯)や五輪ではグループステージ敗退を経験したが、2010年の南アフリカW杯では決勝トーナメントに進出した日本代表チームで軸となる世代となり、今なおJクラブで主力を担う選手たちもいる。長きにわたって東京Vでプレーし、2017シーズン限りで現役生活を終えた平本一樹も81年生まれの1人。「異端」にも映るプロ生活を終えた大型FWは、FC町田ゼルビアで新たな一歩を踏み出している。(取材・文:元川悦子)

新着記事

↑top