チームデータ
クラブ名チェルシー (Chelsea Football Club)
スタジアムスタンフォード・ブリッジ (Stamford Bridge)
住所Fulham Road, London SW6 1HS
収容人数41663
ウェブサイトwww.chelseafc.co.uk
監督アントニオ・コンテ (ID: 2544616)
獲得タイトル
チャンピオンズリーグ(カップ)  1回2012
ヨーロッパ・スーパーカップ  1回1998
ヨーロッパリーグ  1回2013
カップウィナーズカップ  2回1971, 1998
イングランド・プレミアリーグ  5回1955, 2005, 2006, 2010, 2015
イングランド・FAカップ  7回1970, 1997, 2000, 2007, 2009, 2010, 2012
イングランド・リーグカップ  5回1965, 1998, 2005, 2007, 2015
コミュニティ・シールド  4回1955, 2000, 2005, 2009
日程・結果
2016/7/27vs リヴァプール1-0
2016/7/30vs レアル・マドリード2-3
2016/8/3vs ミラン3-1
2016/8/15vs ウェストハム2-1
2016/8/20vs ワトフォード2-1
2016/8/23vs ブリストル・ローヴァーズ3-2
2016/8/27vs バーンリー3-0
2016/9/11vs スウォンジー2-2
2016/9/16vs リヴァプール1-2
2016/9/20vs レスター・シティ4-2
2016/9/24vs アーセナル0-3
2016/10/1vs ハル・シティ2-0
2016/10/15vs レスター・シティ3-0
2016/10/23vs マンチェスター・U4-0
2016/10/26vs ウェストハム1-2
2016/10/30vs サウサンプトン2-0
2016/11/5vs エヴァートン5-0
2016/11/20vs ミドルズブラ1-0
2016/11/26vs トッテナム2-1
2016/12/3vs マンチェスター・シティ3-1
2016/12/11vs ウェスト・ブロムウィッチ1-0
2016/12/14vs サンダーランド1-0
2016/12/17vs クリスタル・パレス1-0
2016/12/26vs ボーンマス3-0
2016/12/31vs ストーク・シティ4-2
2017/1/4vs トッテナム0-2
2017/1/8vs ピーターボロ4-1
2017/1/14vs レスター・シティ3-0
2017/1/22vs ハル・シティ2-0
2017/1/28vs ブレントフォード-
2017/2/1vs リヴァプール-
2017/2/4vs アーセナル-
2017/2/11vs バーンリー-
2017/2/25vs スウォンジー-
2017/3/4vs ウェストハム-
2017/3/11vs ワトフォード-
2017/3/18vs ストーク・シティ-
2017/4/1vs クリスタル・パレス-
2017/4/5vs マンチェスター・シティ-
2017/4/8vs ボーンマス-
2017/4/15vs マンチェスター・U-
2017/4/22vs サウサンプトン-
2017/4/29vs エヴァートン-
2017/5/6vs ミドルズブラ-
2017/5/13vs ウェスト・ブロムウィッチ-
2017/5/21vs サンダーランド-
所属選手
GK1アスミル・ベゴヴィッチ
GK13ティボ・クルトワ
GK37エドゥアルド
DF2ブラニスラフ・イヴァノヴィッチ
DF3マルコス・アロンソ
DF5クル・ズマ
DF24ギャリー・ケイヒル
DF26ジョン・テリー
DF28セサル・アスピリクエタ
DF29ナサニエル・チャロバー
DF30ダヴィ・ルイス
DF33フィカヨ・トモリ
DF34オラ・アイナ
MF4セスク・ファブレガス
MF7エンゴロ・カンテ
MF10エデン・アザール
MF14ルベン・ロフタス・チーク
MF15ヴィクター・モーゼス
MF21ネマニア・マティッチ
MF22ウィリアン
FW11ペドロ・ロドリゲス
FW19ジエゴ・コスタ
FW23ミヒー・バチュアイ
FW41ドミニク・ソランケ
移籍情報

【放出決定】
オスカール(上海上港):6000万ユーロ

【獲得の噂】
アルトゥーロ・ビダル(バイエルン):50%
フランク・ケシー(アタランタ):50%
フィルジル・ファン・ダイク(サウサンプトン):30%

【放出の噂】
ブラニスラフ・イバノビッチ(ユベントス):30%
セスク・ファブレガス(ローマ):10%

オスカル

プレミアから中国移籍の“若年化”。札束でも埋まらない競技レベルの差、英国のファンは何を思うのか?

欧州のビッグネームを高額な移籍金で獲得する中国リーグ。その波は、サッカーの母国イングランドにも押し寄せている。この冬にはチェルシーからオスカルとジョン・オビ・ミケルが中国へと移籍し、エースのジエゴ・コスタもそれに続くのでは報じられている。これまでの中国移籍はピークを過ぎた選手の「最後の一稼ぎ」と理解されていたが、今回の移籍はそうではない。世界最高峰のリーグからサッカー後進国への移籍に、イングランド人は何を思うのだろうか?(取材・文:山中忍【ロンドン】)

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top