順位表
順位チーム名得失勝点
1トッテナム30069
2チェルシー30059
3リヴァプール30079
4ワトフォード30059
5マンチェスター・シティ21077
6ボーンマス21037
7レスター・シティ20126
8エヴァートン12015
9アーセナル102-13
10フラム102-23
11マンチェスター・U102-33
12クリスタル・パレス102-13
13ブライトン102-23
14ウォルヴァーハンプトン021-22
15カーディフ・シティ021-22
16バーンリー012-41
17サウサンプトン012-21
18ニューカッスル012-21
19ハダースフィールド012-81
20ウェストハム003-70

世界最高の右ウインガーは誰だ!RWG能力値ランキング11位〜15位、まだまだいるぞ世界的名手が集結! Fチャン編集部が選定(19/20シーズン)

リオネル・メッシやクリスティアーノ・ロナウドを筆頭に、世界には数々のスター選手が存在する。しかし、それらの選手のどこが優れてどこが劣っているのかを知る者はあまり多くはないはずだ。今回フットボールチャンネル編集部では、世界屈指の実力者たちの各能力を様々なデータを参照して数値化し、平均値を算出。それをもとにしたランキングを紹介する(ポジションは主に所属クラブのものを参考)。

マーカス・ラッシュフォード

ほぼ完璧だったマンU。無双状態のラッシュフォード…だからこそ浮かぶ、今後の明確な課題

プレミアリーグ第15節、マンチェスター・ユナイテッド対トッテナムが現地時間4日に行われ、2-1でホームチームが勝利している。ユナイテッドはこれがリーグ戦3試合ぶりの勝利。難敵を退けたわけだが、その中で大活躍を見せたのがエースのラッシュフォードであった。しかし、そこにユナイテッドの課題は隠されている。(文:小澤祐作)

新着記事

↑top